今からでもできる薄毛・抜け毛の対策方法

薄毛・抜け毛の心配をするきっかけは人それぞれです。お風呂で髪を洗っている時に手についている毛が気になった、朝セットしている時になんとなくセットが決まらない、鏡をふと見るとボリュームが減ったせいか老けてみえるなど。急に気になってくるものです。薄毛・抜け毛の対策は自宅ですぐにできるものもあります。サロンなどに通う前に一度試してみてください。

 

頭皮のマッサージをする

薄毛・抜け毛の理由の1つが頭皮の血行不良です。髪は毛根で頭皮の血管と繋がり、栄養を供給しています。頭皮の血行が悪くなると栄養が滞りやすくなるので、髪が細くなったり、毛が抜けてしまったりします。血行不良を改善する為に、マッサージを行うことは効果的な方法です。指圧をすることで、毛乳頭細胞を活性化し、髪の成長サイクルが正常に働くようになります。

 

ある実験結果では、指圧する時と何もしない時で、この活性化が1.3倍違ったそうです。指圧をするタイミングは、例えば朝髪をとかす時、夜シャンプーやリンスをする時、頭を触る時についで、頭皮を指で指圧してみてください。血行不良を改善するという点で、軽い運動も効果的なようです。運動不足を解消することで体全体の血流が良くなりますし、薄毛・抜け毛の原因に挙げられる、ストレスも解消できます。

 

シャンプーを変えてみる

シャンプーを変えてみるのもいいかもしれません。シャンプーは頭皮を清潔に保つために必要ですが、洗いすぎで頭皮の皮脂が取れすぎて乾燥し、炎症を起こしたり、逆にゆすぎ不足でシャンプーやリンスの成分が頭皮に残ってそれが頭皮の環境を悪くしてしまったりしていることもあります。

 

育毛効果のある成分が入ったものを選ぶ、ということ以外にも頭皮の皮脂を落としすぎないものや保湿成分があるものを選ぶようにすると、薄毛・抜け毛対策ができます。また、洗髪後、髪をドライヤーなどで乾かすようにするのもポイントです。髪は濡れている時にダメージを受けやすいので、自然乾燥ではなく、ドライヤーで手早く乾かすようにしましょう。

 

その際、ドライヤーが頭に近すぎると、頭皮が乾燥しすぎたり、髪や頭皮が熱くなりすぎるたりすることもダメージになってしまうので、ドライヤーとの距離に注意しましょう。

 

血行不良を改善する食べ物を食べる

食べ物からも薄毛・抜け毛対策ができます。例えば普段から偏った食事ばかりとっていると、栄養が偏り、髪への必要な栄養補給もしにくくなります。特に脂っこい食事は頭皮の皮脂分泌を過剰にさせ、発毛の成長サイクルに悪影響を及ぼしやすくなります。対策を考えている方は食生活の見直しも必要です。

 

では、どういった食事がいいかと言うと、先ほど血流をよくすることが対策の1つになるとお伝えしましたが、血行不良を改善する食べ物を選んで食べるようにしましょう。例えば、ビタミンEを多く含む食材や根菜類が有効です。ビタミンEを多く含む食材ではナッツ類、オリーブ油、アボカド、根菜類では人参、ごぼう、しょうが、にんにくが比較的手に入れやすい食べ物です。

 

いつもの味噌汁にしょうがのすりおろしを入れたり、間食にナッツを取り入れたり、スプーン1杯のオリーブ油を毎日飲むようにしたり。まずは手軽な方法で取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

薄毛・抜け毛の対策は身近な所からまずは初めて見ると続けやすいです。しかしながら、急に効果が出るというものでもありません。30代を過ぎると薄毛・抜け毛が気になり始める人が増えますので、今は関係ない!と思っていても早めに対策をして、今の髪をキープまたは改善していきましょう!