冬が薄毛になりやすい原因と対策

薄毛を促進する要因がたくさんある季節冬。生活習慣は見直せても季節の移り変わりは動かせません。薄毛だろうと何だろうと冬は過ごさなくてはならないのです。かといって冬に薄毛が進行するのを指をくわえてみているわけにはいきませんよね。一度進行した薄毛は取り戻すのが大変です。冬に薄毛が進むのを防止するにはどんなことをすればいいのでしょうか。対策をしっかり知っておいて、抜け毛を防ぎましょう!

冬が薄毛になりやすい原因

冬に薄毛が進みやすい原因はズバリ冷えと乾燥です。人間の体は体温が下がると死んでしまいますから、気温が寒いと血管を収縮させて体温を保とうとします。しかし同時に血流が悪くなりますから中々頭皮に栄養が行かなくなってしまうのです。
また外気が乾燥すれば髪の毛も頭皮も乾燥します。乾燥した髪の毛同士が擦れ合えば、髪の毛が痛み切れやすくなります。また乾燥は頭皮の水分を持って行ってしまうため、体がそれを防ごうと皮脂を分泌させてしまいます。皮脂が過剰に分泌されれば毛穴がつまり、育毛を妨げる原因となるのです。
ひどい時にはかゆみを伴う炎症を起こしますので頭皮を掻いてしまい、頭皮の環境をさらに悪化させてしまうことになるのです。このように悪い条件が二つ重なった結果冬に薄毛が進行するという事態が起こるのです。ではそれを防ぐためにはどんな対策があるでしょうか。

シャンプーやシャワーに気をつける

頭皮の皮脂は体が必要だと判断した量だけ分泌されます。その皮脂を全て取り除いてしまうと、また体は過剰に皮脂を分泌してしまいます。なのである程度の量の皮脂は頭皮に残しておくことが大切なのです。冬は乾燥により多くの皮脂を必要としていると体が判断してしまう季節なのです。
髪を洗う際にはシャンプーの量を少なめにして、皮脂を全部取り除かないようにしましょう。夏と違って汗をかきにくい季節ですから、シャンプーの量も半分くらいで十分です。またシャワーの温度が高すぎると、皮脂が溶けて全部流れて行ってしまいます。少し寒く感じるかもしれませんが38〜40度くらいの温度でシャワーをするようにしましょう。
皮脂というものは体が分泌しているものですから、ある程度は頭皮に必要な物質なのです。過剰に洗い流せば乾燥を助長させたり、もっと多くの皮脂を分泌させたりしてしまうので上手に皮脂と向き合って薄毛対策をしましょう。

体を冷やさない工夫を

女性は体が冷えやすく、また冷えにより体調不良が起こりやすいので、冷えへの意識が強くあります。しかし男性はそれほど冷えを意識しておらず対策が甘い方が多いのではないでしょうか。冷えは体内の循環機能を低下させますから、薄毛対策として絶対に避けなくてはなりません。
冷えを避けるのに最も効果的なのは首回りを温めることです。大きな血管が通っている一方、露出していることが多いので冷やしやすい部位なのです。また体から頭皮を繋いでいる部位ですから、ここの血管が収縮すれば頭皮に栄養は行き渡りません。マフラーをまいたり、カイロを貼ったりして首回りの冷え対策はしっかり行なっていきましょう。
外部からだけでなく内部からも冷えへの対策はできます。生姜は体を内部から温めてくれる食品です。冬の時期には生姜湯を飲むとか、生姜を使った料理をよく食べるようにして、万全な冷え対策を行なっていきましょう。

まとめ

日本で生きている限り厳しい寒さと乾燥を引き起こす冬という季節は避けて通れません。今は薄毛で悩んでいない方でも冬が頭皮毛髪に与えるダメージは蓄積されています。食生活や生活習慣のように人によって改善の方法が異なる原因と違い誰もが共通して対策をしなくてはいけない要因なのです。冷えや乾燥を防ぐことは薄毛対策だけでなく、体調管理や病気の防止と言った効果もありますから得るものは多いです。是非冬の良い過ごし方を実践し健康的な生活を送ってください。