朝シャンが薄毛の原因になってしまう原因とは?

ヘアスタイルも決まり、目を覚ますのにも最適な朝シャン。仕事で帰るのも遅いなんて時は、疲れてそのまま就寝。シャンプーはいつも寝癖直しを兼ねて朝に行うと言う人もいるでしょう。けれど朝のシャンプーは薄毛の原因となる事をご存知でしょうか。知らずに朝にシャンプーをしている人は必見です。朝のシャンプーがなぜ薄毛になるのか、その原因に加えて、シャンプーをするのに最適な時間や、どうしても朝にシャンプーをしなければならない等の際に気を付けておきたい情報をまとめました。是非参考になさってください。

朝シャンが薄毛の原因になってしまう原因とは?

朝に髪を洗う、いわゆる朝シャン。朝にシャンプーをして寝ぐせを抑え、ヘアスタイルも整えやすい為、朝シャンしているという人も多いかと思われますが、実は朝シャンは薄毛の原因になってしまうという事実をご存知でしょうか。就寝中に頭皮は汗をかきやすい傾向にある為、朝は頭皮の毛穴が開いた状態にあります。そこにシャンプーを行うと、シャンプーの成分が開いた毛穴につまり、育毛サイクルに支障をきたし、薄毛の原因となってしまうのです。

更に、就寝中は皮脂が溜まりやすくなっているのですが、朝にシャンプーをする事で、この皮脂を取ってしまう事になります。皮脂は頭皮にとって有害かと思われがちですが、紫外線などの刺激から守ってくれる、いわばバリアのような存在を果たします。バリア機能を剥がしてしまうと、当然頭皮には深刻なダメージが与えられてしまいます。また、忙しい朝の時間は、しっかり髪の毛をすすぐ時間が無いというケースが多く、シャンプーの成分が髪に残り、ダメージを与えてしまいがちです。

シャンプーするならこの時間!

シャンプーをするにも、ベストな時間帯が存在します。先に朝にシャンプーを行うのは薄毛の原因となる事をご紹介しましたが、反対に夜、特に寝る前のシャンプーは髪の毛にとって良い効果をもたらしてくれます。夜は忙しくて、帰るのが遅いから朝になってからシャンプーしている、という人も少なくないかもしれませんよね。

しかし、日中に髪や毛穴にたまった汚れを夜の間放置しておくと、その分ダメージが蓄積されてしまうのです。成長ホルモンが分泌される時間は極めて限られています。その時間は夜10時から深夜2時となっており、ゴールデンタイムと呼ばれることもあるなど、髪質とは切っても切り離せない関係にあります。この時間に育毛の細胞分裂も行われますので、この時間を目安に頭皮を綺麗にしておくのがベストです。成長ホルモンが分泌される時間に寝る事と、就寝前には必ず頭皮を綺麗にしておく事が大事。よってシャンプーするのは、就寝前の数時間前がベストであると言えるでしょう。

朝シャンがどうしても必要な場合は?

朝シャンが薄毛の原因になってしまう事が分かっていても、それでも朝シャンが必要な場合もあるでしょう。生活のリズムが不規則であったり、忙しければ、ついつい朝にシャンプーをしなければならない日も出てくるでしょう。頭皮は洗いすぎて皮脂を落とし過ぎても、反対に、洗わずに皮脂を溜め込み過ぎても良くありませんが、最低限日中に付着した汚れは落としておくのがベストです。

朝にシャンプーを行う場合は、夜にもシャンプーをして頭皮を清潔にしておく事が鉄則。加えて、毎日朝シャンにならないよう、生活サイクルを整えましょう。また、どれだけ忙しくても、シャンプーはしっかりとすすぎ、髪の毛や頭皮に余分な成分を残さないように注意してください。正しい知識を持って朝シャンをすれば、薄毛も防ぐ事が可能です。

まとめ

シャワーを浴びている時間は、面倒に思いますよね。特に忙しければ一層感じます。そして皮脂で汚れた頭を、ついついそのままにして寝てしまう人も多いでしょう。しかし、薄毛を防ぐには夜の内に頭部に付着した汚れをしっかりと洗い流しておく事が必須なのです。更に、朝にシャンプーをするのは極力控え、どうしても必要な場合は、シャンプーの流し忘れに気を付けてください。正しい洗髪の知識を身に付ければ、薄毛を予防する事が可能です。是非参考にしてください。