シリコンシャンプーは育毛に悪い?

シリコンシャンプーってご存知ですか?シリコンが成分として入っているシャンプーのことで、市販されている中にも結構沢山あります。髪の毛をコーティングして艶を出したりなめらかな手触り感を出したりできる人工物なのですが、これが育毛に悪いという噂が立っています。もし本当だとしたら、選び方も慎重にしなければなりませんよね、特に抜け毛・薄毛で悩んでいる人は。事の真偽をこれから明らかにしてみようと思います。

シリコン自体は毒性が低い

シャンプーに入っているシリコン自体には毒性はきわめて低いです。そもそも、そんな危険なものを含ませるわけがなく、髪にとってそれ相応の有効成分だから含まれているのです。シリコンには、上記に挙げた点の他に、水・熱・電気に強く、変な化学変化も起こさず、酸化・分解もしません。
つまり、他物質による化学反応や劣化しづらいので、シャンプーとしてのクオリティーを一定期間は保ってくれる成分なのです。噂になっている「毛穴に詰まって育毛を妨害している」というのも、専門家に言わせれば、明確な根拠もないのでシリコン=悪ということは言えないそうでとのこと。
もっとも、すすぎ不足で頭皮に残ったシリコンが育毛に悪影響を及ぼす可能性は否定できません。どんな製品でもそうですが、すすぎ残しがないようにしっかり洗い流すことが肝心です。

シリコンよりシャンプーに含まれる成分が問題

シャンプーの洗浄成分には硫酸系の洗浄成分が使用されることがあります。成分表示で言うところの「ラウリル硫酸~」「ラウレス硫酸~」あたりです。硫酸系洗浄成分は石油系界面活性剤ともいわれ、強い洗浄力や泡立ちの良さ、低コストが特徴です。低コストということもあり、一般的な市販シャンプーによく使用されている洗浄成分なんです。
実はこの硫酸系洗浄成分は洗車用洗剤や工業用洗剤にも使用されることがあります。比較的安価な製品なので、この硫酸系洗浄成分が使われることが多いのです。もちろん、シャンプーを使っても人体に害はない程度の使用なのですけどね。
このように、シリコンシャンプーが問題とされるのは、シリコン自体ではなく、この洗浄成分であることが真相です。もっとも、そんな強い洗浄成分が使われていることは消費者にとって怖いというのも事実ですが。

育毛するなら生活面も改善しよう

シリコンシャンプーを使っているからといってただちに育毛によくない行為と決めつけることはよくありません。育毛に良くない行為は他にもたくさんあります。育毛を促進させたいのであれば生活面を見直してみてはいかがでしょうか。
生活習慣も抜け毛・薄毛原因の一つになり得るのですね。亜鉛や大豆イソフラボン、ビタミン類といった育毛に良い栄養成分を食事から積極的に摂り、頭皮に栄養を与えましょう。適度な運動や正しい入浴を心がければ、血行が良くなり頭皮の毛細血管に栄養が行きわたります。
また、発汗作用により毛穴の老廃物を除去してくれます。普段の生活の中でのちょっとしたことを改めてみれば、育毛に良い影響をもたらしてくれるのです。普段の生活、ちょっと振り返ってみてください。できることはあるかもしれません

まとめ

ご覧のように、シリコンシャンプーは育毛に悪いとはただちに言えるものではなく、使い方を間違えば悪影響を及ぼす可能性はあるという程度のものです。もっとも、相性の個人差はありますし、洗浄成分のこともありますから、いろいろ吟味してみる価値は十分あります。
ノンシリコンシャンプーもありますし、もっと頭皮にやさしい洗浄成分のものを選んでもいいと思います。いずれにせよ、シャンプーはあくまで一部分、育毛促進には他にも大事なことがあると思います。自分で出来ることはやってみましょうね。