育毛・発毛サロンと病院の違いは?

発毛サロンに通ってみたいけれど、調べたところサロン・病院のどちらでも施術をしているとの事。どのような違いがあるのか?また施術内容について公開していきたいと思います。

サロンは気軽に通う事が出来る反面、医療行為ではないので今すぐに効果を求めている場合に難しい可能性があります。病院に関しては医療的なアプローチをしてくれるのですが、費用はやや高く設定されているケースもあります。双方のサービスをより深く知る事で、自分に合ったサービスを見極められます。

病院の施術内容

病院で発毛関連の施術を受ける場合、どのようなアプローチをしてくれるのでしょうか?流れとしてはカウンセリングを行います。この時に過去の持病や手術について詳しく確認をしてくれるのですが、これは処方する薬について調べる為です。その後、頭皮や毛髪の状態をチェックし現状を伝えてくれます。この時、マイクロスコープを使って患者さんと一緒になって頭皮の状態を確認してくれるので、自分の状態をしっかりと把握出来ます。

それから、医師の判断で治療プランが決まるのですが、多くのケースが始めは薬を飲んでの治療となります。ミノキシジルという成分は発毛に高い効果があるとされていますが、医薬品ですので病院での処方のみです。その後、定期的に通院しながら経過を確認していきます。仮に効果が見られない場合は植毛などの次のステップの施術を提案されます。

育毛・発毛サロンの施術内容

育毛、または発毛サロンの特徴をいくつか挙げていきたいと思います。まずこれらの場所は冒頭で説明したような医療機関ではありません。自由な診察やメニューを展開しているのは魅力的ですが、医療行為を行う事は出来ません。カウンセリングから始めるのは病院と同じで、マイクロスコープを使ってチェックをするのも同じです。

しかしサロンの場合は発毛ではなく、育毛を中心に行っているのでマッサージやエステで今ある毛髪の状態を整える、または余分な皮脂や老廃物を除去して頭皮を健康に保ちます。頭皮が健康になる事で、コシのある毛髪が育ちます。当然の事ながら薬の処方は出来ないので、発毛や育毛に効果があるといわれているサプリを提供する程度です。しかし自由なメニューを提供していますし、気軽に通えるメリットがあるので多くの方から支持されています。

育毛・発毛サロンと病院の最大の違い

双方の特徴をご理解頂けましたでしょうか?続いてはこれらの施術の大きな違いについて説明していきたいと思います。

まず最大の違いはサロンだと服薬する薬の処方や、医療行為にあたる施術が出来ない点です。薬でのアプローチは男性型脱毛症にも効果が高く、信頼性も高いのです。また植毛などの施術も医療行為になりますので、それ以外の機関で承る事は出来ません。病院での治療になるとケースによっては保険適用になる場合もあるので、安く受診出来る可能性もあります。

しかしサロンのように夜遅くまで通えるようなところはなく、ライフスタイルによっては通院出来ない場合もあるのです。病院では発毛をサポートしているのですが、サロンでは育毛をメインにサポートしています。そのためマッサージ施術がメインになりますので、頭皮だけではなくリラックスしたい方に向いています。

まとめ

薄毛や抜け毛に悩む方に心強いサポートをしてくれる病院、またはサロンですが様々な違いがあります。病院は主に発毛といってこれから生えてくる毛髪について効果的なアプローチをしています。

サロンに関しては今生えている毛髪に育毛という観点からアプローチをしてくれるので、マッサージやエステ関連のメニューが多いといえます。
費用に関しては病院だと5000円~80万円と施術に幅があるのでかなりの差があります。サロンに関しては約2~10万円程度となります。但し症状によっては保険適用されるケースもありますので、気になる方は相談から始めると良いですね。