抜け毛におすすめなシャンプー成分とは?

どうも最近抜け毛が多いような気がする。。でもまだ発毛サロンに行くのはまだ早い。。であれば、シャンプーなどで頭皮環境を変えて抜け毛を予防しようと思いますよね。しかし、世の中にはたくさんのシャンプーがありどれが良いのかわからない方もいるかもしれません。今回は、「抜け毛」にテーマを絞って、抜け毛に強いおすすめのシャンプーをご紹介します。

アミノ酸入りシャンプー

シャンプーには界面活性剤と言われる洗剤が使われています。界面活性剤は天然のものもあり、大豆やヘチマに含まれるサポニン、卵黄のレシチン、牛乳のカゼインが該当します。その他は合成界面活性剤となります。

人の肌は弱酸性ですので、なるべく低刺激のものを選びましょう。低刺激の代表的なものがアミノ酸入りシャンプーです。アミノ酸入りシャンプーは適度な洗浄力と脱脂力(脂分を摂る力)があり、髪をしなやかに洗い上げます。シャンプーの成分表には、グリシン、メチルアラニン、グルタミン酸、メチルタウリン、サルコシン、といったキーワードが含まれています。また、しゃんぷー

逆にアルコール系界面活性剤は、洗浄力が高く肌への刺激が強く薄毛や抜け毛の原因となります。シャンプーの成分表には、「ラウリル硫酸Na」、「ラウレス硫酸アンモニウム」といったように、「ラウリル」、「ラウレス」で始まる名前が書かれています。また、石鹸シャンプーも脱脂力が強く髪がギシギシ、頭皮がカサカサと乾燥しやすいため薄毛に悩む人には不向きです。

育毛成分が含まれている

次に選ぶのは育毛成分が入っているシャンプーです。育毛シャンプーのメリットとしては、医療系の育毛剤と違い体への副作用の心配がほとんどないこと、病院に行かなくても一般向けに発売されているため購入しやすいことが挙げられます。ただし、育毛シャンプーは、育毛に必要な働きを促進するものであって、すぐに劇的に髪が増えるわけではなく、育毛を助けるだけですので、過信しないように注意しましょう。

それでは、育毛に良いとされている成分をご紹介します。まず、「グリチルリチン酸」です。甘草エキスとも呼ばれ、商品によっては、「グリチルリチン酸2kジカリウム」と表記されています。頭皮は蒸れやすく雑菌が繁殖しやすいです。雑菌が繁殖すると炎症やフケ症になりやすくななりますが、このグリチルリチン酸は、こうした症状を予防・改善することができます。

その他オタネニンジン根エキスに含まれるジンセノサイドは、抗酸化作用、血行促進作用があり、セイヨウアカマツ珠果エキスには頭皮を引き締め、炎症や吹き出物を抑える効果が期待できます。また、ローズマリーや精油には、抗菌作用があるため、かゆみやフケといった育毛の妨げになる症状の改善が期待できます。

保湿力の高いシャンプー

頭皮が乾燥すると、炎症が起こり、炎症によって毛根を傷つけ抜け毛や薄毛の原因になります。そのため、肌のケアと同様、頭皮の乾燥を防ぐために保湿力の高いシャンプーがおすすめです。

保湿力がある成分としては、馬油、オリーブオイル、アロエエキス、セラミド、ヒアルロン酸、グリセリンなどがあります。

まとめ

今回は、薄毛や抜け毛に悩む方におすすめのシャンプー成分をご紹介しました。普段はあまり意識しないかもしれませんが、シャンプーの成分を見ると、洗浄力が強すぎたり、脱脂力が強かったりする成分が入っているシャンプーを使っているかもしれません。そういった場合は、ここにあるシャンプーの成分をご参考にしていただければと思います。