薄毛が目立たない髪型3選

カラーリングもそうですが、オシャレなヘアスタイルをしようと思うとどうしても薄毛が気になって挑戦出来ない。または自分の髪型は薄い部分を強調していないか気になる。ヘアスタイルは相手の印象を大きく変えてくれますが、うまく薄毛を隠す事は出来るのでしょうか?長髪よりも短髪の方が目立たない、出来れば明るいカラーにすると目立ちにくいといった情報がありますが、結局普段のスタイルに落ち着いてしまう。そんな方に必見の情報です。

ショートレイヤー

ショートレイヤーというのは、厳密に言うとヘアスタイルの名前では無く美容師がカットする時の技術を指しています。薄毛を目立たなくするといえば短髪が良いですが、どうしても伸ばしたいという場合はこのスタイルがおすすめです。ショートレイヤーは前髪を垂らすスタイルで、ある程度の長さが無いと不恰好です。
またカットだけでは再現出来ないのでワックスなどでしっかりとスタイリングしなければならないので、美容師へその方法をレクチャーしてもらうと良いです。このスタイルはナチュラルなテイストなので、ベタっとしたスタイリングはNGです。猫っ毛やクセが強い場合は前髪など部分的にボディパーマをかける場合もあります。
あまり派手な色はおすすめしませんが、黒髪~アッシュ系など幅広いカラーに合う髪型です。但しあまりにもおでこが後退している場合は、かえって目立たせてしまうケースもあります。

ソフトモヒカン

頭のてっぺんから後頭部の薄毛が気になる方は、ソフトモヒカンがおすすめです。この髪型は全て同じ長さで揃えるスタイルでは無く、前髪やてっぺんに向かうにつれ長さが出るので動きが生まれておしゃれに見えます。
短髪なのでビジネスにも向いていますし、さわやかな印象を与えてくれます。且つトップに向かうにつれ、ボリュームを出しているので薄毛が目立たなくなります。
このスタイルは明るいカラー、暗いカラー問わず合わせやすく初心者にもおすすめです。但しこのスタイルはカットしてくれる美容師の技術、毎日のスタイリングが必要なのでスタイリングが全く出来ない方にはおすすめしません。
他にもかなり短髪なのでこまめな手入れが必要ですし、伸びたまま放置しているとスタイリングがうまくいかなくなり不自然になります。これらのデメリットはマメに美容室へ通い、スタイリングのコツを確認する事です。

ツーブロック

ツーブロックは左右を短く刈り上げた髪型で、同時にトップも短くしているので清潔感のあるヘアスタイルです。単なるショートでは無く、左右を刈り込む事で薄毛が目立たなくなり、手入れも楽です。丸坊主だとビジネスの場ではNGといわれる事もありますし、ソフトモヒカンだと若いイメージがあると躊躇しているミドル世代にも人気のある髪型です。
スタイリングはワックスやジェルで問題ありませんし、オールバックにするとカッチリした雰囲気になるのでビジネスマンにぴったりです。明るいカラーよりも暗めのカラーに似合うスタイルで、柔軟性があります。
このスタイルもソフトモヒカンと同様に伸びてくるとスタイリングが難しくなったり、だらしない印象を与えてしまったりする事があるのでこまめに美容室へ通う必要があります。目安としては2~3ヶ月には一度、整えてもらうと良いです。

まとめ

出来るだけ薄毛の目立たない髪型、そしてしっかりとおしゃれを楽しみたい。そんな方にスタイル別のおすすめの髪型を紹介しています。ソフトモヒカン、ツーブロックは短めのスタイルなので、ビジネスマンにも向いています。ソフトモヒカンは爽やかな印象を与えてくれますし、ツーブロックはスタイルによってビジネス向きです。ショートレイヤーは前者に比べるとやや長めのスタイルで、中性的なイメージがあります。自分の顔型や薄毛の気になる部分にあわせてスタイルチェンジして下さい。