カラーリングは薄毛の原因になるのか?

パーマやヘアカラーなど、薄毛の方でもオシャレを楽しむ事が出来ますが、一方では「カラーリングは頭皮に悪影響を与えるので、薄毛の方は厳禁」という意見もあります。とは言ってもおしゃれ染めを楽しみたいですし、年齢によっては色を入れないと白髪が気になる方もいます。これ以上頭皮や毛髪のトラブルを防ぐには、何に気をつけるべきでしょうか?まずはカラーリングが与える影響や注意点を知り、その上で思いっきりおしゃれを楽しんで下さい。

カラーリングの種類と髪への影響

なぜパーマやヘアカラーは頭皮や毛髪に影響を与えるのでしょうか。カラーリング、またはパーマに使う薬剤は、毛髪の内部に浸透してその内部にあるケラチン繊維と言うものを破壊します。
ケラチン繊維は細胞を構成する成分の一つで、毛髪以外にも爪の材料にもなっています。このケラチン繊維を一度破壊し、再結合する事で色やパーマ(ストレートパーマを含む)にしています。ケラチン繊維の破壊が繰り返し行われる事で、毛髪の一番外側にあるキューティクルが剥がれてしまい、毛髪が水分を維持出来なくなり乾燥し傷みます。
これを何度も行うと毛髪自体がうまく栄養を吸収出来なくなり、細くなります。更には頭皮が薬剤の影響によって炎症を起こしたり、皮脂を過剰分泌して毛穴を塞いだりして薄毛を引き起こす原因になります。カラーやパーマは必ず薄毛を引き起こすわけでは無いですが重要なトリガーになります。

カラーリングする際の注意点

カラーリングをする際に、いくつかの注意点がありこれらを守っていないと薄毛の方でなくともトラブルが発生します。まず強い薬剤を使うので、必ずパッチテストを行う事です。パッチテストは二の腕などの皮膚が薄くなっている部分に薬剤を塗り、アレルギー反応が無いか確認する事です。
デリケートな方は数日経過してもかぶれやかゆみ、痛みが引かないので少しでもこれらの症状が出たらその薬剤を使わないで下さい。パッチテストで問題がなかったとは言え、必要以上に長い時間薬剤を塗ったまま放置したり、勝手に薬剤同士を混ぜ合わせたりするのは危険です。特定の薬剤と混ぜる事でガスを発生させる危険性もあります。
これ以上薄毛を加速させたくない場合は、カラーリングが終わった後のトリートメントや頭皮のケアも重要です。ダメージを補修するトリートメントや、低刺激のシャンプー・コンディショナーを使うと良いです。

薄毛の人でもカラーリングしても大丈夫?

毛髪の悩みはあるけれど、カラーリングやパーマを楽しみたい場合、出来る限り頭皮や毛髪にかかるダメージを軽減する事で、薄毛を気にせずおしゃれを楽しめます。
カラー薬剤にはいくつかの種類がありブリーチ、ヘアカラー、ヘアマニキュア、ヘアマスカラがあり前者になるにつれ、毛髪にダメージを与える度合いが大きいです。同時に頭皮にもダメージを与えるのでブリーチはやめて、ヘアカラーやヘアマニキュアを楽しむと良いです。
ヘアカラーはキューティクルへの影響はブリーチよりも少なく、色の入りも良いです。ヘアマニキュアは元の色は変えずに色を乗せるだけなのでダメージが少ない分、色の入りに個人差があります。
ヘアマスカラはヘアマニキュアよりも優しい成分を毛髪に乗せるので、ダメージの心配はありませんがシャンプーや汗で取れてしまうケースもあります。ライフスタイルに合わせて使い分けるとベストです。

まとめ

薄毛というだけでおしゃれを楽しめないのは悲しいです。しかしカラーリング、パーマは頭皮や毛髪にダメージを与える事があるので、自分の体調やコンディションに気をつけておしゃれを楽しんで下さい。ブリーチは毛髪を傷める直接的な原因になりやすく、毛髪の悩みを持っている方はヘアカラーやヘアマニキュア、ヘアマスカラがおすすめです。薬剤を使用する際は事前にパッチテストを行い、用量・用法をしっかりと守って使用しないと思わぬトラブルが生じます。