発毛にヘナは効果がある?

増毛、発毛を考えるにあたって大きな悩みどころとなるのが育毛剤選びです。「うかつに育毛剤を選ぶとデメリットばかりが大きくなりそうでこわい」と一歩が踏み出せない方も多いのではないでしょうか。ここ数年効果的な育毛剤として注目されているヘナは果たして、ヘアケア用品として本当にプラスにはたらくのでしょうか。ヘナが作用するメカニズムや具体的な効果、デメリットについてくわしくお伝えしていきます。

発毛に効果があると言われているヘナとは?

結論を先に言ってしまうと、ヘナは、いわゆる発毛剤ではありません。実はミツハギ科に属する植物のことで、そのエキスを抽出し、その他の有効成分を合成してつくられたものが「ヘナ由来のヘアケア用品」ということになります。厳密な意味での育毛剤とは言えませんが、このタイプのヘアケア用品を使うことで、頭皮をやさしくケアすることができ、間接的に増毛をサポートすることにつながります。

通常の育毛剤と同じく頭皮に塗布するのが基本となり、香りや色合いのバリエーションも広がりつつあります。同じヘアケア用品であっても香りなどによって好みが左右され、使いつづけたときの印象が大きく変わってきますので、はじめて使用する場合は必ずいくつかの商品を試し、効果と使い心地を比較したうえで自分に合うものを選ぶようにしましょう。

ヘナのメリット・デメリット

ヘアケア用品ではあるけれど発毛剤とはいえないヘナ由来のヘアケア用品ですが、植物由来であることが大きなメリットであり、基本的に天然成分をベースにして構成されているため頭皮へのダメージを少なくすることができます。ヘナを継続的に塗布することによって頭皮を清潔に保ったり、蓄積したよけいな皮脂を取りのぞいたりする効果があると言われています。

その反面、植物由来であるためもともと植物アレルギーをもっている人はかぶれのリスクがあり、かえって健康な発毛サイクルを阻害してしまう可能性もゼロではありません。とくにケミカルヘナとよばれる商品は要注意で、どうしてもかぶれが起きやすくなってしまいますが、天然由来のものであっても皮膚トラブルは充分に考えられるため、使用前は必ずパッチテストを受けるようにしましょう。肌の状態をあらかじめ正確に把握しておくことが安全な薄毛治療の第一歩です。

ヘナに期待出来る効果とは?

はっきりとした発毛効果こそ認められていないものの、ヘアケア用品としては幅広い効果が期待されています。髪の毛のたんぱく質を修復してくれる効果があるとされており、ダメージが蓄積して変質した「ケラチン」を補修し、健康な髪の毛が育ちやすい土壌をととのえる作用があると期待されています。また、天然由来の白髪染めとしても重宝されており、一般的なヘアカラー用品のように色合いが不自然にならず、なおかつ肌にもなじみやすいため見た目にも自然な印象に仕上がります。

また、毛穴を洗浄する効果もあり、ハーブの作用によって頭皮に蓄積した皮脂や油汚れなどを自然にクリーンアップしてくれると考えられています。頭皮が清潔であれば皮膚のターンオーバーも正常に保たれ、健康な毛髪が発育しやすくなります。ただ、すべての人にヘナが合うわけではないため、まずはパッチテストを受け、いくつかの商品を試したうえで効果をきちんと見きわめましょう。

まとめ

ヘナはミツハギ科の植物であり、天然エキスを抽出してつくられたヘアケア用品は頭皮のケアやヘアカラー剤として使われています。毛穴のクリーンアップなどの効果が期待されていますが、植物由来のため肌質によってはかぶれやかゆみなどの皮膚トラブルが見られる可能性があります。使用前には必ずパッチテストを受けましょう。