女性の天敵!冷え性は薄毛につながる?

冷え性というと男性に比べ、圧倒的に女性が多いといわれています。室内にいても手足が冷たくなり、悪化すると腰痛や頭痛やといった耐え難い症状になってしまう人もいます。そしてあまり知られていませんが、近年では薄毛との関係性も少しずつ分かってきて、関心が高まってきています。ここではそんな冷え性からくる脱毛の原因についてご紹介していきます。

冷え性の原因と症状

実は現代においても、冷え性が起こる原因というのはまだ明確には判明していません。しかし主には食生活の乱れなどによる栄養のバランスの悪さや過度なストレスといった生活習慣が関係しているのではないかといわれています。また、激しいダイエットや、冷たい飲み物の過度な摂取というのも原因の一つとして挙げられます。

そして手足や身体が冷える事で寝つきも悪くなりますので、中には不眠症に発展する人や慢性的な体のだるさ、そして脱毛、薄毛の進行に繋がり、大きなお悩みを抱えてしまっているという方も少なくはありません。また、女性の場合は身体を冷やすと生理不順や不妊といった重大な症状も繋がる事も考えられますので、慢性化しないように、症状を感じたら早めの対策をオススメします。

冷え性により薄毛になるメカニズム

冷え性というと、単に手足が冷たくなる、といった軽度な症状だけではありません。悪化すれば激しい腰痛や頭痛にまで発展する場合もありますし、毛髪や頭皮への悪影響につながるケースも多々あります。ここでは、なぜ冷え性が薄毛と関係するのか、そのメカニズムについて説明していきます。まず毛髪の栄養というのは、血液を介して運ばれる事で良好な血行を保ちます。

毛髪へ栄養を運ぶには血液が重要になってくるわけですが、仮に冷え性になってしまうと血行が悪くなります。そして血行が悪くなる事で血液循環も乱れ、毛髪などの末端までに十分な栄養が行き渡らなくなり、次第に髪の毛が細くなったり抜け毛が進行したりして、頭皮や毛髪が不健康な状態に陥ります。ただの冷え性だからと放っておくと、深刻な脱毛問題に発展する事さえあるので注意が必要です。

冷え性の改善方法

現在冷え性から来る薄毛でお悩みの方は、今後どう対処したら良いでしょうか。第一に効果的なのは、食生活を改善していく事です。当然の事ながら、私たちの身体は日々摂取する食べ物で作られています。従って、食生活によっては健康にも不健康にもなり得ます。まずはきちんと1日3食食べる事から始めましょう。また血行を良くし身体を温める効果のあるニンニクや生姜を料理に取り入れていくのも効果的です。

ビタミンB1やミネラルは、食べた物を体内でエネルギーに変えますので意識して摂取してください。またタンパク質も熱を作りますので冷え症解消にも効果的です。大豆、豚肉、魚をバランス良く摂りましょう。またカフェインの摂取は冷えに繋がりますので、お茶を飲むなら、ルイボスティーなどのノンカフェインを選ぶようにしてください。基礎体温が上がりますし強い抗酸化作用も見込めます。

まとめ

いかがだったでしょうか。単なる冷え性だからといって軽視し、大事に考えずに放っておいているという方も少なくないと思いますが、そのまま放置しておくと激しい頭痛や生理不順、睡眠障害、あげくには不妊や薄毛にまで繋がってしまうケースもある事がわかりました。

なるべくストレスのない環境や栄養バランスに配慮し、規則正しい食生活や生活習慣を身につける事で、徐々に改善していく事は可能ですので「冷え性かも」と思う方は少しでも早く対処するに越した事はありません。