ご自宅で発毛対策が可能!自宅で行える発毛に効果的なツボマッサージ

薄毛の悩みは一朝一夕にはいかない長期的な悩みです。そのため、植毛やウィッグなどでカバーをしない限り、基本的な体づくりから行っていくことが大切です。身体の様々なところに存在するツボは、マッサージなどを通して刺激することで身体の調子を整える効果があると言われています。このサイトでは、数ある中から、特に薄毛対策に効果的と言われる箇所をピックアップしています。ご自身で行えるマッサージ方法もご紹介していきますので、簡単なポイントを抑えて今日から実践していきましょう。

頭部にあるツボ

頭部には、箇所によって効果も様々なツボが点在していますが、特に髪の毛の成長に効果があると言われているのが百会(ひゃくえ)です。頭頂部のへこみがある部分で、両耳にてっぺんからの延長線上と、鼻筋の延長戦が交わったあたりの比較的探しやすいところにあります。頭皮の血行を改善する働きに加え、内臓の働きも良くなるため、頭に栄養が届きやすくなります。

天柱(てんちゅう)は首筋の襟足辺り、両サイドにあるもので、さらにその外側のくぼみには風池(ふうち)があり、自律神経を整え、心身を健康にする働きがあります。この2箇所は後頭部の薄毛予防に効果的と言われています。
そして各孫(かくそん)は、耳の上のちょうど髪の毛の生え際あたりにあります。この部分を刺激することで、頭皮全体の血行が改善されると言われています。
頭部には薄毛に効くスポットが多くありますが、これらの箇所を意識ながら頭皮全体をマッサージすると、更なる効果が期待できます。

上半身のツボ

上半身には主に3つおすすめのスポットがあります。まずは腎穴(じんけつ)です。手のひらの小指、第一関節の中央あたりにあり、気軽にマッサージするのにも良いです。血液の循環を高め、髪の毛の痛みや抜け毛を防ぐことや、白髪にも効果があると言われています。

次に関元(かんげん)です。関元は、丹田と呼ばれる気が集まる部分でもあり、おへそから指3本分ほど下にあります。体内において抜け毛に関わる経路である腎系と肝経など、4つの経路が行き交う部分でもあり、抜け毛や円形脱毛症を始めあらゆる不調を解消する万能なツボと言われています。

最後に中府(ちゅうふ)です。鎖骨を辿り、腕の付け根の左右下あたりにある部分ですが、ここは体の邪気が集まるところとも言われており、押すと若干痛みを伴いますが、こちらも抜け毛や円形脱毛症に効果があります。
上半身は仕事の合間など外出先でも刺激しやすい箇所にあるため、いつでも気軽に対策することができます。

下半身のツボ

下半身、特に足の裏は多くのツボが集中することで知られていますが、もちろんここにも薄毛に効く部分があります。
湧泉(ゆうせん)と呼ばれる箇所は、足の裏の中心から、人差し指と中指の骨の間にあるくぼみの位置にあります。足の指をグーに曲げることでくぼみができると思いますが、そのへこみの部分を指します。この部分は全身の血行促進に効果があり、もちろん頭皮の血行を良くする効果もあります。

そして三陰交(さんいんこう)は、足の内側のくるぶしてっぺんから更に指4本分上の骨と筋肉の境目にあり、こちらも抜け毛に良いとされている箇所の1つです。
そして、こちらはツボという括りではありませんが、両足の親指の裏側中央は、頭部に繋がる反射区であり、刺激を与えることで体の隅々を健康に改善してくれます。反射区というのは末端神経の集中箇所のことで、体の器官や内臓につながっている大切な部分です。こちらを刺激することで頭皮の状態を健康に保つ働きが期待できます。

マッサージの方法

マッサージの方法はとても簡単で、指で気持ちいいと感じる程度の圧力で押していくだけです。1番押しやすいのは親指ですが、次に力の入りやすい中指を中心に何本かの指で押す方法もおすすめです。指先をマッサージする場合は摘んで刺激するのも良いですし、力を入れたい時にはペンのお尻や専用の棒やローラーを使用すると簡単に刺激することができます。頭皮専用のグッズなども売られているので、頭皮を集中的にマッサージしたい方はこのようなアイテムを活用しても良いかもしれません。ただし、強すぎる力で押すと逆効果になってしまうので注意が必要です。

「痛気持ちいい」以下の力が程よい加減です。ちなみに、マッサージをする時には深く吸った息を吐きながら押していくとより一層効果があります。深く息をする腹式呼吸には、血液循環を高める働きもあると言われているため、マッサージと一緒に行うことで一石二鳥です。
押す回数に関してですが、心地よい程度であれば何度押しても問題はありませんが、押しすぎると、肩こりのマッサージをしすぎた時に起きるような揉み返しの現象になる場合があるので、やりすぎにも気をつけましょう。目安としては2、3回押す程度でも十分効果が期待できます。

マッサージをする頻度は特に決まりはありませんが、できれば毎日行うのがベターです。人間の身体にあるツボはおおよその位置は決まっていますが、その時の体調などによっても位置や感じ方が変わることがあります。毎日ご自身の手でマッサージをすることで体のちょっとした変化にも気づくことができます。
マッサージに適したタイミングは、ご自身がリラックスしている状態であればいつ行っても良いと言われていますが、東洋医学における考えに基づくと、人間の体には気が流れやすい時間があり、その時間帯に合わせてマッサージをするとより効果があるとされています。具体的には、朝、夕方の6時と昼、夜の12時の1日4回のタイミングが全体的に気が流れやすくなると言われています。

逆に避けた方が良いと言われている時間帯もあります。よくマッサージは入浴後の血流が良くなっている時が良いという話を聞いたことがあるかもしれませんが、実はツボ押しの場合はあまり推奨されていません。血流を高める効果があることから、入浴によって既に高まっている血流に更に刺激を与えてしまうとかえって体に負担をかけてしまうこともあるからです。また、食前、食後やお酒を飲んだ時も控えた方がベターです。食べ物を消化するために消化器官に血液が集中しているのを妨げてしまう恐れがあることや、血流が良くなることでアルコールが体内に回りやすくなってしまうことが理由です。

更にこちらは番外編ですが、刺激する時にはマッサージ以外にもお灸で刺激する方法もあります。刺激したい箇所にお灸をすることでじんわりと熱が加わり、リラックス効果と共に薄毛対策にも効果的です。伝統的なお灸はもぐさに火をつける方法ですが、最近ではシール状になった専用シートを体に貼るだけのお灸も売っているので、ぜひ気軽に試してみてください。

まとめ

薄毛の解消だけでなく、体の様々な不調を改善する効果のあるツボ押しマッサージ。空き時間などを利用してちょっとマッサージするだけでも、継続することで体質改善が見込めます。自力で髪の毛の成長を促していくためには、マッサージ以外にも食生活や睡眠など、日頃の生活習慣を見直したり、シャンプーでの正しい洗い方を実践したりと、あらゆる面での努力も大切です。気長に取り組むことを意識して、ストレスをためずに髪の毛のボリュームアップを目指していきましょう。