喫煙が発毛に与える影響とはどんな事?

タバコについては「百害あって一利なし」というのが世間一般では定評ですが、それは身体の健康を維持する上でも、髪の毛を維持する上でも、全く以てその通りと言えましょう。最近では特に副流煙の問題に重きが置かれ、公衆施設での「禁煙」は当然の事となっております。これから先も東京オリンピックに向け、益々その傾向は強まるでしょう。今一度ここで立ち止まり、ご自身の健康や毛髪の事を再確認するキッカケとして頂ければと考える次第です。

喫煙が薄毛に関係している!

まず、タバコに含まれる成分で悪名高きニコチンですが、これは血管を縮めます。そうすると抹消の細い血管には血が行き渡らなくなり、髪に栄養を届ける血液が滞ってしまう訳で、つまり、血行、血流が悪くなり、育毛環境が非常に悪化する事態に陥ります。
その上ニコチンはビタミンCを破壊し更にビタミンEの吸収を阻害するので、その結果、毛髪に必要な栄養の吸収を妨げ、血行も促進されず、薄毛が進行してしまうというダブル・パンチをお見舞いされます。

それだけでも髪にとっては致命的なのに、喫煙は悪玉コレステロールをも増やし、身体はそれに対抗する為に髪にとって大事な大事な栄養素のアミノ酸であるメチオニンを使ってタウリンを生成します。結局、大事なアミノ酸をそんな所で使ってしまった為、毛髪を作る量が減ってしまう訳です。それも薄毛に拍車を掛けてしまいます。

しかも喫煙は頭皮を乾燥させやすく皮脂の量も増やすそうで、もちろんこの事も頭皮環境を悪化させ、髪にとっては踏んだり蹴ったりの状況に追い込まれてしまうという事です。

喫煙習慣は男性ホルモンも多くする

男性ホルモンと言えば、モッサリ生えた髭や胸毛を思い起こしますが、正に、それが「男性毛」と呼ばれるホルモンバランスの影響を受け易い体毛であり、前頭部や頭頂部の薄毛になり易い毛も含まれます。総体的にコレを「性毛」と呼び、逆にホルモンバランスの影響をほとんど受けない体毛を「無性毛」と呼びます。眉毛、まつ毛、側頭部・後頭部の毛などが無性毛です。

この男性毛は、男性ホルモンの影響を受けて濃くなるそうですが、その男性ホルモンは喫煙習慣に依って分泌量が多くなるという事が「タバコと男性ホルモンの関係」でハーバード大公衆衛生学部の研究により確認されています。

でも話の流れから言うと「男性モルモン増加で髭や胸毛が濃くなるなら、前頭部や頭頂部も濃くなるのでは?」と考えがちですが、そうそう旨くは行かず、喫煙により分泌量増が確認された男性ホルモンの中にAGA(男性型脱毛症)に大きく関わる悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」がありました。そもそも男性型脱毛症ですから、男性ホルモンを持つ男性の方が多く発症する病である事を忘れてはイケません。

以上に依り、喫煙習慣でAGAの発症リスクを高めてしまう可能性も確認されたという訳です。

兎にも角にも禁煙の勧め

身体の健康に於いて良い事は何一つ無いと言われる喫煙は、それのみならず育毛・発毛にも悪影響を及ぼす事はお話した通りなのですが、実は禁煙で「薄毛」は改善される可能性が高いと言われています。

理屈は簡単な事で、禁煙により血行が良くなり、頭の乾燥や皮脂の量が改善されれば頭皮環境が整えられ、正常な発毛サイクルを取り戻せるので毛髪の成長も促せる、という事です。

もちろん薄毛の原因全てが喫煙とは限らず、食生活の乱れ睡眠不足といった生活習慣の悪化や遺伝という事もありますが、喫煙したままでの薄毛解消は非常に困難であるとの事ですから、何はともあれ先ずは「禁煙」から始める事をお勧めしたいと思います。

まとめ

「禁煙」が叫ばれる時代ですが、そう簡単にやめられないという方も多数いる事と思います。そういう方は「タバコだけが薄毛の原因ではないし、逆にストレスを溜めるほうが毛髪に悪影響ではないか」と言われるでしょう。

それも現代社会に於いては一理ありと思わざるを得ない状況です。
時間に追われ食事も満足に取れない、睡眠もままならないでは確かに喫煙だけが原因とは言い難いですね。

ですが、もし毛髪を大事にしたい気持ちが少しでもあるとしたら「喫煙をしたままで他の何を施してみても、薄毛は解消されない」という事実を見つめ直して欲しいと考えます。医療機関やサロンへ行っても「禁煙」は絶対条件となっておりますので…