発毛促進に効果がある薬とは?副作用も解説

加齢やストレスによる薄毛の悩み、サロンやクリニックのサイトには情報がありすぎて、どのように対処していけば良いのか逆に困ってしまうこともあるのではないでしょうか。このサイトでは、薄毛の対策に使われることが多い2大薬、内服タイプのプロペシアと外用タイプがメインのミノキシジルに関して基本的な情報をまとめました。それぞれの特徴や、気になる副作用についても解説しています。これから薄毛対策に取り組もうとしている方は、基本的な知識を身につけて安心、安全な対策を行なっていきましょう。

プロペシアとは

プロペシアは、飲む発毛剤とも言われる内服薬として知られるもので、脱毛を抑える働きがあるとして多く処方されています。薄毛になる原因には、男性ホルモンの増加が挙げられますが、これによって髪の毛が成長するための流れであるアサイクルが短くなることによって、成長を妨げてしまうと言われています。特に、頭皮にあるジヒドロテストステロンという男性ホルモンが強い影響を及ぼしています。

プロペシアにはこのジヒドロテストステロンを抑える働きがあり、服用することですぐに作用します。即効性があるとはいえ、髪の毛自体の成長は段階を経てゆっくりと進行していくため、実際に効き目確認できるまでには時間がかかります。個人差はありますが、一般的には6ヶ月程度の時間が必要とされています。

プロペシアは前頭部、頭頂部に効きやすいとも言われており、薄毛に悩む箇所によっても働きにばらつきがある場合があります。

ミノキシジルとは

ミノキシジルは内服、外用ともに販売されていますが、主には塗る発毛剤として外用タイプが有名です。市販されている育毛剤の「リアップ」にはこのミノキシジルが配合されています。ミノキシジルには、血管を拡張する働きがあり、以前は高血圧治療のための飲み薬としてアメリカで使用されていたそうです。

その際に、実際に服用した人がその副作用として多毛症と呼ばれる体毛が濃くなる現象が引き起こされたことにより、その応用として薄毛の研究が始められたと言われています。血管を拡張する働きは頭皮の毛細血管にも作用し、頭皮の隅々まで酸素や栄養を行き渡らせることによって髪の毛の成長を助けます。塗るタイプとして主に処方されているものではありますが、内服用のものもあり、その作用は外用に比べると強いと言われています。

副作用の恐れ

プロペシア、ミノキシジルは薄毛に効くと言われていますが、一方で副作用の報告もされています。その人の体質や体調によって副作用の有無やその程度は変わってくるため一概にはいえませんが、ここでは今まで報告されてきたとされる副作用の例をご紹介します。

まずプロペシアの副作用ですが、よく知られている副作用として、男性機能の低下が挙げられています。その発生割合は0.5パーセントと極めて低いですが、知識として知っておくことが大切です。先ほど解説をしたように、プロペシアには男性ホルモンの分泌を抑制する働きがあります。そのため、男性ホルモンが減少することで男性機能である性欲の減退や勃起不全、射精障害などが起きる場合があります。

ただしこれらの症状が見られた時でも、必ずしもプロペシアの副作用によるものではない場合もあります。薄毛に悩み始める年齢で多いのが30代後半から40代にかけてですが、中年に差し掛かるタイミングは体質的にも変化が見られ、その中には血液量の低下などがあります。また、ちょうどその年齢は仕事において多くの人が中間層にあたり、ストレスを抱えていることもあります。人生において様々な変化がある年齢だからこそ、心身の負担がストレスとなり、それが男性機能を低下させている可能性もあるため、副作用以外の原因も十分に考えられます。

また、それ以外にもプロペシアには肝機能の低下も副作用として起きる場合があるとされています。服用されたプロペシアは肝臓で代謝されるため、体質によってはそれが負担になる場合もあるのです。肝臓の機能が低下した場合に危険なのは、ある程度進行しないことには自覚症状が現れにくいということです。多くの場合は血液検査などでその問題に直面します。進行して自覚症状が出る場合には、だるさや食欲の減退、見た目では白目や肌が黄色味を帯びてくるといった特徴があります。自覚症状が現れる場合はすでに悪化しているとも言えるため、定期的な健康診断などでご自身の体調をチェックすることが大切です。

ミノキシジルの副作用に関してですが、その多くが軟膏や育毛剤などの外用として使用されていることから、皮膚のかゆみや炎症、湿疹、皮膚炎などが報告されています。使用する量が多ければ多いほどその症状は出やすく、反応も強く出る傾向にあります。これまで副作用が出たことのない人や食べ物のアレルギーなどがない人でも、このミノキシジルの強い作用によって体が反応する場合があるため使い始めには注意が必要です。また、体調の変化によって使用してからある程度経過してから副作用を感じるようになったという場合もあります。

皮膚に関わる副作用が主なものですが、それ以外にも、眠気や倦怠感、頭痛、むくみなどの症状が現れる人もいるようです。特に、ミノキシジルは血管を拡張させる働きがあるので、血圧の疾患がある場合や、他の薬と併用する場合にはあらかじめ担当の医師に相談をしてから使用するようにしましょう。

稀に、ミノキシジルを使用してしばらくした後に、逆に抜け毛が目立つようになったというケースもあります。せっかくの治療が逆効果に?と不安になりますが、この場合の抜け毛は初期脱毛と呼ばれる自然の現象なのでそこまで心配する必要はありません。新しい髪の毛が成長する過程において、元々生えていた弱った髪の毛が押し出されることによって抜け落ちる現象なので、ミノキシジルの成分が効き始めた証拠とも言えます。そのまま継続して使用することで髪の毛の成長を期待することができます。

プロペシア、ミノキシジルはそれぞれ副作用を引き起こす可能性があると言われていますが、その発生確率は低く、直接的に命に関わるものではないのでそこまで心配する必要はないと言えます。しかし、少しでも違和感を感じた場合にはすぐに使用を中止し、処方された病院やクリニックに相談をするようにしましょう。

薄毛に効くと言われている薬はまだまだ種類が少ないのが現状ですが、体質に合わない場合は量を減らしながら取り組んだり、別の方法で育毛を促進するLED治療や漢方療法、ハーブの活用などもあります。また現在は植毛の技術も発展しているためそのような方法にスイッチするという手もあります。ご自身の身体にとって優しく安全な方法を選んでいきましょう。

まとめ

薄毛をなんとかしたいと思った時に、ついつい薬に頼るのが1番楽なのではないかと考えてしまう方も多いと思います。もちろんクリニックなどで処方されているものでもあるので、その方法を選択することは悪いことではありませんが、一方で副作用のリスクや飲み続ける必要が出てくる可能性など、問題点もあります。ご自身の目的とその影響をしっかりと把握した上で検討するのが良いでしょう。適度に活用しながら同時進行で生活改善やヘアケアを行うことで、いち早く髪の毛の成長を促すことも可能です。発毛サロンではそのような悩みにも親身にアドバイスをしてくれるところもあるので、1度相談に行ってみるのもありです。