基本的な食生活で、発毛に良い食品を摂りましょう!

食品が、溢れる程に豊富な現代日本ですが、意外と偏った食事をしている方が多い様です。中でも酸性食品に偏ると、血液中の酸性度も高まってしまい、血液の活性化が阻害されると言います。そうなれば毛髪のみならず、身体全体に悪影響が及びます。バナナ・ぶどう・みかん・などのアルカリ性食品を、おやつなどで補う事も大切となりましょう。他にも飲料ではお茶・牛乳などがあり、野菜ではキュウリ・インゲン・里芋などもアルカリ性食品ですので、意識して摂る様にしたいものです。

頭皮環境を整えよう

まず最初に、食べるのを控えた方が良い食品から言えば「脂肪分が過多なモノ」です。脂ぎったステーキやジャンクフード・フォアグラ・あん肝など脂肪分を摂り過ぎると、頭皮の皮脂腺から異常に皮脂が分泌され、結果、脂漏性脱毛の原因となります。

そして、ビタミン類はこういった危機を救うモノで、頭皮の皮脂分泌量を調整する作用により抜け毛や頭皮の炎症を防いでくれるのです。つまり、頭皮環境を整える働きがあるという事です。

特にビタミンB2・B6は代謝を活発にさせ、毛母細胞の細胞分裂を促進し(詳細は「発毛、薄毛のメカニズム…」参照の事)頭皮の生まれかわりを早めてくれます。ビタミンB2を含む食品はレバー・青魚・卵・大豆・乳製品などです。B6は豚肉・さけ・マグロ・ナッツなどに含まれます。

更にビタミンEは血管を拡張し、頭皮の血流を良くしてくれるので発毛を促す栄養素です。併せてビタミンCを摂取すれば、髪まで栄養を届けるのでより効果的に作用します。ビタミンEは魚介類・ごま・マーガリン・マヨネーズなどの油脂に含まれ、ビタミンCはレモン・アセロラ・赤黄のピーマンなどに含まれています。

これらを他の栄養素と組み合わせ、食事バランスを良くする事が頭皮環境を整える為に必要です。

髪を育てる栄養成分を摂ろう

基本的に言われているのは「タンパク質」が大切と言う事で、髪の成分ケラチンの素になるアミノ酸を含むタンパク質食品を摂りましょう。肉・魚・卵・大豆製品・乳製品などに多く含まれています。

次に髪の発育を促進する「ヨード」も必要です。ワカメ・昆布・ヒジキなどの海藻類に含まれています。

また聞き慣れない「エイコサペンタエン酸」という、血液の凝固を防ぎコレステロールを溜まり難くしてくれる成分が含まれる食品はイワシ・ブリ・サバなどの青魚で、これらの魚はタンパク質の働きを助けるミネラル「亜鉛」も含まれているので一石二鳥ですね。他、牡蠣・チーズ・アーモンドなどにも亜鉛は含まれます。

もちろんビタミン類も非常に大切であり「ビタミンA・E」は血流を良くして抜け毛を防いでくれ、ほうれん草・小松菜・にんじん・カボチャ・ごま・ナッツ類・玄米・小麦胚芽油など沢山の食品に含まれているので積極的に摂りましょう。「ビタミンC・F」が含まれるレモン・オレンジ・イチゴ・キンカンなども併せて摂る様にしたいものです。更に「ビタミンB群」は頭皮の新陳代謝を高めるもので、玄米・豚肉の赤身・レバー・マグロなどに含まれています。忘れずに摂る様にして下さい。

特にお勧めな食品はコレ

最初に紹介するのが「きな粉」で、きな粉は話題の大豆イソフラボンを始めとして、大豆サポニン・大豆ペプチドといった成分を含む栄養の宝庫です。それのみでなくミネラルやタンパク質、更に亜鉛や銅まで含まれる、正に髪の総合栄養食品と言えるでしょう。
基礎代謝を高め薄毛に効果的であり、イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをする為、AGAの原因である悪玉男性ホルモンと言われるジヒドロテストステロンを減らしてくれる効果もあるそうです。

食べ方は、安倍川もちや葛餅はもちろんの事、コップ1杯の牛乳か豆乳に大さじ1杯のきな粉を入れハチミツで甘味を付けたものが最適だと言います。その際、最初に少々のお湯できな粉を溶かしておくと作り易い様です。

次に紹介するのは「キムチ納豆」です。
熊本大学医学部、ウイーン大学医学部などで、長年に渡り血液の研究を重ねて来たAGAの権威が研究成果として、髪の毛を成長させる働きのあるインスリンの様な成長因子「IGF-1」という物質が薄毛を防ぎ、発毛を促進してくれる事が分かったと言います。
そのIGF-1を増加してくれるのが、トウガラシに含まれるカプサイシンや大豆に含まれる大豆イソフラボンだと言うのです。

つまり両者を組み合わせた「キムチ納豆」は最良と言う事です。是非、お試し下さい。

まとめ

こんにちの様な飽食の時代に、栄養不足が髪の悩みの一因となっている場合が結構あるそうです。栄養不足は、栄養バランスを欠いた食事によって起こります。毛髪に良い食品は上記でご紹介した通りですが、簡単にくくると「たんぱく質」「ビタミン」「ミネラル」の3大栄養素となり、これらを3食取り入れて食べればバランスは整うハズです。

一度に沢山を食べる必要はなく、むしろドカ食いはNGですので、決まった時間に決まった回数を適量食べる事が肝要です。
この様に生活習慣と食事バランスを良くする事が、薄毛対策にも繋がります。

また、水分補給で新陳代謝を促し、皮脂の過剰分泌を防ぎ、頭皮に潤いを与える事も忘れないで下さい。