育毛・発毛効果が期待出来る成分とは?

誰でも効果的な方法しか試したくありませんし、効果のない事にお金や時間を費やしているほどヒマではありません。ここでは医学の面から見て効果があるとされている成分について紹介しています。もちろん効果だけではなくデメリットや注意点についての説明もしていますので、これらの成分が入った商品を購入しようと考えている方におすすめの情報です。ちなみに国内で購入出来る製品は、濃度が薄いといわれていますので海外製の商品を購入される方もいます。

そもそも発毛剤・育毛剤とは

薄毛や抜け毛に悩む方であれば一度は聞いた事のある発毛剤、または育毛剤ですが、双方にはどのような違いが見られるのでしょうか。
まず発毛剤ですが、新しく毛髪を生やす事に特化していますので、今ある毛髪の健康をサポートする成分は育毛剤に比べると少ない傾向にあります。育毛剤に関してはその逆で、今ある毛髪を丈夫にする事に特化しています。似ている様で非なる製品ですので気をつけて下さい。とはいっても、どちらの製品にも抜け毛を防ぐ効果が配合されているのがほとんどですので、用途に合わせて利用してみてはいかがでしょうか。

これらの製品は通常、ドラッグストアなどで購入出来ますが医学に関連した製品は、専門のクリニックでしか手に入りませんので注意が必要です。医療関連の製品は、市販の製品よりも効果が高く使用する期間も短いと言われています。

ミノキシジル

ミノキシジルという製品は、医学的に認められた製品であるため、薄毛で悩む方から熱い支持を得ています。この成分は血管を拡張させて血流を良くする成分です。血流がよくなると毛髪の細胞分裂が活発になるので、毛髪の成長を早めてくれます。弱っていた毛根や毛髪に栄養を行き渡らせてくれるので、太くてコシのある毛髪が生えてくると言われています。

しかしミノキシジルは血流を良くする成分ですので、人によってはかゆみや軽いかぶれが生じる可能性もありますし、高血圧の場合使用出来ません。但し副作用は誰にでも起きるのではなく容量を守らなかったり、濃度が高く設定されている海外製の製品を使ったりするケースが多い様です。ミノキシジルは頭皮に直接塗るタイプとタブレットで服用するタイプがあり、医師の判断によって決められるのが一般的だといわれています。

フェナステリド

フィナステリドはミノキシジルの様に、発毛成分というよりは育毛に特化した製品だと言えます。ミノキシジルと同じく医学的に効果が認められた製品ですので、安心して利用できるのもポイントです。この成分は脱毛の原因となる男性ホルモンの分泌を抑制し、弱ってしまった毛根や毛髪を健康な状態に戻してくれます。そのため育毛の観点から言っても優秀ですし、毛髪が以前の状態に戻っただけなので生え方も自然だといえます。

フィナステリドのデメリットですが、毛髪の状態を維持するために使い続けなければならない点です。せっかく服用して毛髪が生えてきたのに、途中でやめてしまうと3~6ヶ月程度で使う前の状態に戻ってしまいます。またかなり低確率ですが0.2~1%程度の確率で性欲減退、肝機能障害の副作用がありますが、全ての方に起こる訳ではないので安心して下さい。

まとめ

ドラッグストアなどに並べられている育毛剤ですが、その中で医学的に効果が認められているのはほんの一握りです。その成分はミノキシジルとフィナステリドという成分で、様々な臨床実験にクリアしてきた成分なので、安心です。

前者が発毛、後者が育毛をサポートしていますので、頭皮の状態に合わせて使ってみると良いですね。ただしどちらも強い成分になりますので、稀に副作用が生じる可能性もあります。容量・用法を守っていればリスクは低いですが肝に銘じておきましょう。