育毛にクレンジングオイルは効果的なの?

クレンジングというとメイクを落とす手段になりますが、実はその手法を取り入れた育毛方法があると知っていますか?サロンで提供しているのはもちろんですが、自宅にあるものを使って施術が出来るので巷で話題になっています。そんなクレンジング育毛ですが自分で行う場合、どのようにして行えば良いのでしょうか。注意点や気を付けるポイントを踏まえて公開していきたいと思います。頭皮がベタついている方にも効果的といわれています。

クレンジングオイルを使ったマッサージ方法

オイルというのはすなわち油分ですが、この油分が頭皮にこびりついた皮脂を優しく洗い流してくれるのです。クレンジングはこの余分な皮脂を洗い流す事で、毛根や頭皮を健やかに保ち育毛を手助けするという手法になります。

方法としてはまずブラッシングなどを行い、毛髪について汚れを落とします。この時、整髪料を使っている場合は軽くお湯ですすぐと良いでしょう。専用のオイルと頭頂部へつけてしばらく放置します。この時、出来る限り毛髪ではなく頭皮につけるのがポイントです。時間に関しては頭皮にオイルをなじませる意味合いがあります。しっかりと浸透したら指の腹を使って、頭皮全体をマッサージしクレンジングオイルを揉みこみます。皮膚は揉み込む事で刺激を受けて、毛細血管を新たに生成します。

これが育毛・発毛に繋がります。その後、しっかりとお湯ですすぎ、シャンプーを行えば完了です。

頭皮にクレンジングオイルを使うときの注意点

自分でも簡単に出来そうなオイルクレンジングですが、注意点はあるのでしょうか?まず冒頭でも説明したように、毛髪には出来る限りつけない事です。そもそも油分ですので、毛髪をコーティングしてしまう事もあります。そしてオイルを長時間頭皮につけたままにするのも厳禁です。頭皮になじませるために一定時間オイルをつけたままにしますが4~5分もあれば良いですし、長時間放置していると炎症やかぶれの原因ともなります。またクレンジングをした後はしっかりと洗い流しましょう。頭皮に皮脂がついていると、皮膚は乾燥していると思い更に皮脂を分泌してしまいます。

過剰な皮脂分泌は育毛を妨げるだけではなく、脂漏性脱毛症を招く可能性もあります。しっかりとお湯で流し、不要な皮脂や老廃物を洗い流すために必ずシャンプーを行うのがベターだといえます。

クレンジング自体には大きな効果はない

実のところを言うとクレンジングには育毛効果がありません。「これまでの説明は何だったの?」と疑問に思うかもしれません。しかし定期的に頭皮の余分な皮脂を取り除く事で、頭皮を健やかに保てます。健康な頭皮には健康な毛髪が生えますし、栄養素が十分に行きわたっているので細く、コシのない毛髪ではなく太く、ツヤ、コシのある毛髪が生えてきます。要はクレンジングだけでは意味がないが、それによって得られる効果が育毛をサポートしてくれるのです。

但し何事も過剰に行うのはよくありませんので、週1程度のペースが良いですね。サロンや病院ではカウンセリングをしてくれるところもありますので、頭皮の状態を細かに知りたい方にはぴったりです。オイルに関しても専用の製品がありますが、高品質なオリーブオイル、またはホホバオイルや馬油でも良いでしょう。

まとめ

育毛の手段として知名度を得ているクレンジングマッサージですが、簡単に言うと頭皮が過剰に分泌した皮脂をオイルによって洗い流すという手法です。爽快感が得られる専用のオイルもありますが、自宅にあるオリーブや馬油、ホホバオイルでもよいでしょう。ただしこの手法はしっかりと洗い流さないと皮脂が毛根に詰まってしまい、薄毛トラブルを起こしてしまう場合もありますので正しい知識を得た上で施術をしてください。頻度は週1程度で行うと、効果的です。