抜け毛と遺伝の関係とは

男性型脱毛症という言葉、聞いた事ありませんか?男性ホルモンが関係して引き起こされる抜け毛症状で、特に男性であれば発症してしまうケースも多く、最近特に注目されている病気です。男性ホルモンが影響するのだとすると、遺伝性のイメージが強いですよね。もしもそうならば、対策も無いような気になってしまいます。しかし実は、薄毛は決して遺伝だけが原因という訳ではなく、その上予防をする事も可能なのです。今回は抜け毛や薄毛の遺伝性と、その予防についての情報をまとめてみました。

抜け毛は遺伝する可能性あり

抜け毛で悩んでいる人は多いかと思われますが、そもそも抜け毛とは何が原因なのでしょうか。生活習慣や皮脂のつまりなどが抜け毛や薄毛に影響をしている事もありますが、遺伝もその原因の一つだと考えられています。例えば、男性型脱毛症、いわゆるAGAと呼ばれる病気ですが、これは主に母型の家系が関係していると言われています。

男性型脱毛症とは、男性ホルモンが5αリダクターゼと呼ばれる特定の酵素に影響を受け、発毛を阻害する特別な型に変化してしまう事から発症します。男性型脱毛症と書きますが、稀に女性でも発症するケースもあります。遺伝が原因と聞けば、何となく手の施しようがない気になってしまいますが、決して男性型脱毛症だけが抜け毛の原因ではない為、諦めてしまうのは禁物です。その上男性型脱毛症はクリニックを受診すれば、改善が見込める病気です。気になる人は、是非受診をお勧めします。

実は抜けやすい場所も決まっている

髪の毛が薄くなったり抜けてしまう場所は、ある程度決まっていると言われています。確かに、薄毛の人はある一定の場所ばかりが薄くなっているイメージがありますよね。髪が最も抜けやすい場所とは、前頭部と頭頂部。反対に薄毛になりにくい場所は、側頭部と後頭部です。まず前頭部が薄毛になりやすい理由として挙げられるのが、血流が滞りがちであるという事。

髪の生え際は頭皮の中でも最も血液が行き届きにくい場所である為、同時に発毛の為の栄養も滞りがちになるのです。そして結果的に髪の毛が生えにくく、抜けやすくなってしまいます。また、頭頂部は頭皮の中で最も男性ホルモンが分泌されやすい部位の為、男性ホルモンの分泌が多い場所とも言えます。つまり、その分5αリダクターゼ酵素の影響を受けやすく、結果的に髪が抜けやすくなるのです。

抜け毛を予防するためには

抜け毛は遺伝する可能性があると書きました。確かに髪の毛が抜ける、または薄くなるのは家系が原因である可能性もあります。そもそも男性型脱毛症になりやすい体質が伝わる事もあれば、抜け毛や薄毛の直接の原因要素とは言えませんが、皮脂が溜まりやすい体質が遺伝してしまったり、生活習慣が乱れやすい体質が伝わってしまう事も考えられます。

しかし、髪の毛が抜けてしまうのは遺伝だから仕方ない、と思って諦めてしまうのは禁物です。まず男性型脱毛症はクリニックを受診し、適切なケアを受ければ改善が見込まれます。また、シャンプーの仕方や生活習慣を見直し、頭皮の毛穴に皮脂が溜まりにくくするよう心掛けるなどの改善策を講じれば、抜け毛や薄毛を防ぐ事も可能です。

まとめ

髪の毛が薄くなりやすい、抜けやすい人は、ある程度遺伝的な原因が見受けられますが、しかし一概に遺伝が原因であるというわけではなく、予防も可能です。まずは洗髪の方法を見直し、また生活習慣を整えて、ホルモンバランスを整える事が大事。女性であればホルモンバランスの乱れが原因で薄毛を引き起こしている事が十分に考えられます。抜け毛は遺伝的要素であると諦めずに、髪に良い生活を目指してください。