発毛関係のサプリを選ぶ際に大事なこと

頭髪が寂しくなってきたとき、貴方はどうしますか?育毛剤を使ったりシャンプーを変えたりする方法や、AGA治療院に行って医師の診断を受け発毛剤を選ぶという方法を考えるでしょう。でも持病があれば副作用が心配ですね。そんな時、発毛サプリという方法があります。サプリは副作用がほぼない分、効果も出づらいこともあります。ではどうしてなのか、どんな成分が含有されているのか。こうした疑問を解決するべく原材料について調べてみました。

発毛に良いとされているサプリの成分は?

発毛を促すサプリメントにはどんな成分が含有されているのか、ご存知でしょうか。市販されているもので促進を謳っているもののラベルを見てください。多くのものは大抵その量は違いますが、同じ成分が含まれています。多くは亜鉛や唐辛子成分のカプサイシン、また豆類に含まれる大豆イソフラボン、そしてノコギリヤシの成分です。これらはそれぞれ毛を育てるのに効果があるとされているものです。

例えば亜鉛は体内でたんぱく質を毛や爪にする際に必要な栄養素です。カプサイシンは血流を促進させて、新陳代謝を活発にし、細胞の成長を活性化します。大豆イソフラボンは男性ホルモンを抑える効果があり、発毛をストップする悪性男性ホルモンを抑えてくれます。

そしてノコギリヤシには脱毛を抑える効果があるのです。これらの量は少ないのですが、毎日少しずつ摂取することで次第に効果を発揮させるのがサプリメントの特徴です。

原材料が表示されているか

ここで注意するべきポイントは、こうした成分を含んでいるかどうかを見極めることです。例えば発毛を促すと表記されているものの、原材料を確認してみると例えば亜鉛やカプサイシンが、若しくはそれに類する能力を持つ成分が含まれていないのなら、そもそも発毛を促す可能性はありません。

そして脱毛を予防すると表記されているにもかかわらず、脱毛を抑制するノコギリヤシや大豆イソフラボン、若しくはそれに類する可能性のある成分が含有されていなければ、何を根拠にその能力があるサプリメントなのか、分からないということです。

つまり原材料がなんであるか、表示されたものを確認すること、これがサプリを選ぶうえで大変重要なポイントとなってくるのです。近年は似たような成分を表示させているものの根拠が不明というものも多いですから、使用する前に表示をしっかり確認する必要があります。

添加物だらけの発毛サプリには注意

含有する原材料について、こうした表示を確認することは必須ですが、それ以外にも注意するべきポイントはあります。例えばサプリメントに含有されている原材料の成分が天然であるかどうか、という点です。成分にばかり着目しすぎて、天然ではない添加物だらけのものでは意味がありません。

せっかく発毛のために常用するのなら、なんでも成分が含まれていれば良いということではないのです。実は添加物だらけのサプリメントは危険性があります。例えば体質によってはアレルギー反応が出る場合があります。また発毛を促してくれるはずなのに、逆に頭皮に悪影響を及ぼすという可能性だってあるのです。

市販されている一般的なものは、品質の表示もしっかりと明記しています。添加物を一切使用していないとか、天然成分を何パーセント使用しているなど、こうした表示はしっかりと把握しておく必要もあるのです。

まとめ

自分が常用するものにはどんな成分が含まれているのか、それはどんな材料なのか把握することはとても大切です。発毛を促してくれるサプリメントだって例外ではありません。しっかりと把握して使用することで、安心感という信頼が生まれ、次に効果という期待が生まれるのです。どんな小さなこともしっかりと確認する。自分を守り期待を持つためにとても大切なことであることを忘れてはいけません。