薄毛と性格の関係性

男性ならもちろん誰だって適齢期になれば毛髪や頭皮の心配というのはついて回ってきますよね。年齢を重ねるにつれ髪の毛が細くなり頭頂部の髪が薄くなってきたと悩んでいる人も多いかと思います。しかし、薄毛になりやすい人と、そうでない人とがいるわけですが、脱毛に悩まされるタイプの人というのは共通した性格的な特徴があると言われています。ここではそんな薄毛と性格の関係性についてご紹介していきます。

神経質な人は薄毛になりやすい

実は、薄毛になりやすい人の約8割が神経質な性格であるというデータがあるのだそうです。もともと小さいことで悩んでしまったり、周りの目を気にしてしまったりと神経質な性格の人の方が将来的に薄毛になってしまう可能性が高いようです。また、そういったタイプの人は自分の不満を人に伝えたり愚痴を言ったりしてガス抜きがあまりうまくできないなど、次第にストレスを溜め込んでしまう人も多いのです。

従って性格がおおらかな人と比較すると、ストレスが原因となって薄毛になってしまうリスクが高いと言えます。また、逆に怒りっぽい人や世の中に不満を抱えてしまうような気が荒い性格の人や、日々忙しく過ごしている人などもストレスを溜め込みやすい傾向にあるため、脱毛のリスクが高いと言えます。

心配性や気を遣う人も注意

昔からなんとなく「心配性の人はハゲる」と言われていますが、これは本当なのだそうです。中間管理職の人は薄毛が多いとも言われていますが、それもやはり周囲に過度に気を使いすぎたり心配しすぎたりすることが原因なのだと言えます。また、一度気になりはじめると、みんなの注目が自分の頭に集まっているのではないか・・・この頭をみんなに笑われるのではないか・・・と更に敏感になってしまい余計に脱毛が進行してしまう、なんてことも珍しくはありません。

心配性の性格の人であれば尚更、どんどんネガティブな方に考えてしまい更にストレスが溜まって薄毛に拍車がかかってしまいます。気持ちはわかりますが、実際はご自身が思うほど周囲は気にしていないものですので、おおらかに考えるように心がけると良いでしょう。そのためにもストレスと薄毛の関係について知っておきましょう。

薄毛を予防するためには

毛根はストレスの影響を受けますので、人間関係などのストレスを抱えていると毛細血管が細くなってしまい発毛機能が低下します。またストレスが原因で食欲不振になり内臓などに問題が起きると、毛髪にまで栄養が行き渡らず薄毛が進行するとも言われています。従って予防するためには、毛髪を健康な状態に保つことが大切なのです。

また、神経質は方であれば、意識して考えすぎないように気をつける努力をおすすめします。あれこれ心配してしまう性格の人であれば、原則深く考えない、自分ひとりでなんでもやろうとせず周囲に頼るように努めるなどしながら、少しでも自分のストレスを和らげられるように意識することが大切です。また、ちょっと疲れが溜まってきたなと感じた時は、そのまま突き進まず心からリラックスできる時間を自ら作ってコントロールしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。日本人は真面目な性格の人が非常に多いため、知らない間にストレスを溜め込んでしまっている人も少なくありません。しかしそんな過度のストレスが薄毛を進行させてしまっているのも事実なわけです。力を抜ける時、リラックスできる時はしっかりとガス抜きをし、深く悩まないように努めることが、自身の身体や頭皮のためにもなりますので、もう少しだけ肩の力を抜いて日常生活を送って頂くと良いのかもしれません。