育毛剤は副作用がある?発毛剤との違いは

AGAのみならず、薄毛でお悩みの方でしたら、これから発毛を望むには育毛剤と発毛剤、どちらを使うべきか考えるところではないでしょうか。でも実は発毛剤には副作用があるというのはご存知でしたでしょうか。この副作用の状態によっては、命の危険性さえも起こり得てしまいます。そこで、発毛剤と育毛剤の違いから、使用する際の注意点までを紹介します。薄毛の改善など、自分の体質に合わせて選択する際の参考にしてください。

発毛剤と育毛剤の違い

まず発毛剤や育毛剤がどこで販売されているか、ご存知でしょうか。医療品販売店をのぞいてみると「発毛を促す」とか「自然に毛が強くなる」と、パッケージなどに標記で販売されているものを見かけたことがあると思います。多く目にするこれらの商品はおおむね育毛剤と記載されているかと思いますが、これは医薬部外品といって健康維持のために一般的に市販することが可能な製品となっています。副作用が出るような強い成分を含有せず、日常的に使っても健康被害の可能性が少ないものです。

一方の発毛剤ですが、それよりも強い成分を含むため、医薬品となります。医薬品の中にはお医者さんの書いた処方箋がないと販売できないものもあります。発毛剤は成分が強いため副作用の可能性も高く、体調や体質に合わせて使用しなければならないという注意点があるため、医薬品と定められているのです。

発毛剤の副作用

では、具体的にどんな副作用があるのかということも気になるでしょう。副作用に関しては人それぞれではあります。体質や体調によって副作用の発症の仕方は違いがあります。

ただ、発毛剤に含まれるミノキシジルという成分は血液の流れに作用する成分が含まれています。簡単な説明をすれば、発毛剤には血行を促進して細胞を活性化させ、発毛を邪魔する男性ホルモンを抑制させるという成分があります。これが血圧や血液のポンプである心臓に負担がかかるという場合があるのです。

また男性ホルモンへの影響といった部分では男性器の勃起不全という症状も起きる可能性があります。そのため、もともと心臓や循環器、血圧などの持病がある方は、育毛剤を選ぶ方が安心であるということも言えます。すべての方がこうした症状を発症している訳ではありませんが、育毛剤の方が長く安心して使えるということになります。

育毛剤の副作用

こうして発毛剤を使うと血液や男性ホルモンといった、体内に外的要因を作る可能性があるのですが、育毛剤でも副作用の可能性というのはあります。ただし発毛剤の場合とは少し違います。例えばアトピー性皮膚炎やアレルギーを持っている方の場合、体調が悪い時に市販されているハンドクリームや化粧水でかぶれた経験があることでしょう。

そして基本的にこうしたアレルギーはないのに、例えば季節の変わり目や体調がすぐれないとき、疲れがたまっているときに肌がピリピリと刺激を感じるということもあるでしょう。こうしたときに育毛剤を使うと、頭皮に湿疹ができたり、かぶれたりするという副作用が起こる場合があります。

自分ではいつも通りだと思っていても肌はデリケートなため、思わぬ時にこうした症状がおこる場合も考えられるのです。例え育毛剤でも、まずはパッチテストをして副作用を確認するというのが大切です。

まとめ

発毛を促す以上、効果を実感できなければ継続して使用する気持ちにはなれません。となれば、実感できるだけの強い成分が含有されていなければなりません。でも強い成分だから良いということでもありません。人の身体は自分が思うよりもデリケートにできてきます。育毛剤でも発毛剤でも副作用があるのだということを認識したうえで、適切な使用方法を行うことが発毛には大切になってきます。