せっかく増毛しても抜けてしまう原因とは?

増毛治療というのは、薄毛で悩んでいる人にとっては症状を改善することができるとても効果的な治療方法です。ですがせっかくお金と時間をかけて増毛治療をして効果が出たとしても、また髪の毛が抜けてしまうということがあるようです。一体なぜそのようなことが起きてしまうのか、増毛治療の特徴などと合わせてご紹介いたしますので、どんな薄毛治療を使用か悩んでいるという人はチェックしてみてください。

増毛とはどんな発毛法?

増毛とはそもそもどのような治療法なのでしょうか?増毛は育毛や発毛と同じように薄毛を改善するための治療方法の1つです。他の2つと違うのは、今ある毛や頭皮に働きかけて毛の成長を促すのではなく、自分のものではない毛や素材を装着するという点です。

増毛には自分自身の毛に人工の毛や人の毛を結んでつけていく方法と、人工の毛がついたものを付けて自分自身の毛に編み込む方法があります。髪の毛や頭皮にはあまり負担がなく、人が見ても違和感がないところ、それまでと変わりのない生活が出来るという点から非常に手軽に見た目を改善することが出来る人気のある治療方法です。

人工毛の質も昔に比べてとても品質が高くなっていますし、見た目も本当の人間の毛にとても近く、色や太さやくせなどその人の髪の毛に合わせたものを使用することが出来ます。

一本の毛に対して結びつける毛の本数を自分で決めることが出来るので、自分の好みや希望する仕上がりに合わせて選択できるという点も人気となっています。

増毛治療のメリット・デメリット

メリットとして挙げられるのは、治療に日数がかからず最短の場合にはその日のうちに簡単に髪の毛を増やすことができてすぐに症状を改善することが出来るという点、自分で増やす量を選択することが出来るので少しずつ増やして自然に、周りの人に知られずに髪の毛を増やすことが出来るという点があります。

また、頭皮や髪の毛に何か働きかけたり薬を使用することがないので負担がかからないという点、カツラなどと違ってすぐに取れてしまうこともないので、それまでと変わらない生活が出来るという点などもあります。

一方デメリットは結びつけている自分の毛が成長して伸びると、結び目が移動してしまって見てわかるようになってしまうのでそうならないように一定の時期ごとにお手入れをする必要があること、自分の毛が抜けてしまうと増毛した毛も一緒に抜けてしまうことなどがあります。そしてそもそも結びつけるための自分の毛がある程度なければ、治療をすることが出来ないという点もあります。

自毛が抜けると増毛した毛も落ちる

増毛のデメリットとしてあげたように、結びつける素となる自分自身の毛が抜けるとせっかく増やした毛も抜けてしまうということはあります。そもそも頭皮などに働きかけて環境を改善しているわけではありませんので根本的な治療は出来ていません。

髪の毛は健康な状態にはなっていないのです。その状態で人工毛や人の毛を自分の毛に結びつけたとしても一時的には毛が増えたように見えるかもれませんが正常なヘアサイクルになったわけではないのですぐに抜けてしまう可能性もあります。

また、髪の毛は通常であっても寿命というものがあり、一定の期間を経れば抜けてしまうものですのでそれに合わせて増やした毛が抜けてしまうというのはどうしようもないことなのです。

まとめ

増毛は短期間ですぐに薄毛の症状を見た目的に改善することができ、頭皮や髪の毛に負担をかけることもありませんので薄毛に悩む人にとって非常に有効で人気のある治療法であるといえます。ですが、メリットがあるのと同じようにデメリットもあります。何も考えずに治療をしてしまって後悔することがないように、良い点も良くない点もきちんと把握してから治療を受けるようにしましょう。