発毛効果を高めるために、できれば避けたい食材や飲料をピックアップ

薄毛の改善を目指すためには、生活習慣を見直して根本的な体質改善を行うことが大切です。髪の毛や頭皮も大切な身体の一部、食生活と発毛には密接な関係性があります。髪の毛に良いと言われる食べ物は多く紹介されていますが、逆に食べない方がいいものとは?

このサイトでは、髪の毛の成長を高めるために避けた方が良いと言われる食べ物や飲料をまとめてみました。健康的に髪の毛を成長させて行くためのヒントとしてご活用ください。

カロリーの高い脂肪分

薄毛になる原因で多いと言われているのが頭皮環境の悪化です。人間の頭皮から分泌される皮脂が何らかの理由によって分泌過多となり、毛穴の詰まりや細菌を繁殖させてしまいます。毛穴の詰まりは髪の毛の成長を妨害し、細菌による汚れは頭皮の炎症を引き起こす可能性があります。食べ物から体内に取り入れられる脂肪分は頭皮の皮脂を増加させる大きな要因の1つでもあるため、摂取する場合は気をつけなくてはなりません。

脂肪分も身体にとっては大切な栄養素の1つで、ある程度は取り入れないと肌の乾燥につながりますが、取りすぎると頭皮に悪影響を及ぼしてしまうため日頃から脂っこい食事は控えるのがベターです。とは言っても、現代に生きる私たちは取り巻く環境によってそれが難しい場合も多くあるのではないでしょうか。
居酒屋でのメニューは唐揚げやポテトといった揚げ物が多いですし、立ち食い蕎麦屋では天ぷらや天かすをトッピングしたくなります。そして帰りが遅くなってしまった時には気軽に立ち寄れるラーメン屋やファーストフード店など、様々な誘惑があります。飲み会もリフレッシュのためには大切な時間ですし、疲れた時にすぐ食べられるファーストフードは便利でかつ短縮した時間を有効的に使うこともできますが、それが習慣化してしまうのは避けなくてはなりません。

ちょっとした心がけとして、居酒屋ではなるべくさっぱりとしたメニューを注文する、宴会メニューなどの場合は揚げ物やこってりとしたソース、ドレッシングは避ける、蕎麦屋では天ぷらの代わりにわかめや山菜、ファーストフードではなくお惣菜屋のおかず、というように、少し意識するだけでも摂取する脂肪量を大幅に減らすことができます。これは頭皮に良いだけでなく、ダイエットにもつながるため一石二鳥です。

外食の頻度が高く、美食の度が過ぎるとどうしてもそれに伴って脂肪分やカロリーも多くなりがちです。またジャンクフードなどは脂肪分が多いだけでなく油の質も良いとは言えず、ますます健康に悪影響を及ぼします。脂っこいものほど美味しいという誘惑をたまには抑えて、髪の毛のために自制を心がけましょう。

スパイスなどの刺激物

最近は激辛料理がちょっとしたブームになっていることもあり、スパイスがたっぷり効いたメニューがたくさんありますよね。唐辛子に代表されるピリ辛の料理は美味しいだけでなく、その成分であるカプサイシンによって血行促進などの健康効果もあるため、適量であれば体に良い影響を及ぼしてくれます。しかし、香辛料の効きすぎたものを過剰に取ることは逆効果となるため注意しなければなりません。

辛い食べ物を食べた時に体が熱くなり、汗をかく経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。辛いものが体内に取り込まれると発汗神経が刺激され、発汗作用を引き起こします。汗は顔や体の毛穴だけでなく頭皮からも発汗するため、そのままにしておくと頭皮の環境が悪化してしまいかねません。また、これらの香辛料の取りすぎは胃への刺激も強く、胃の内部を荒らしてしまいます。辛いものを食べた後に胃の調子が悪くなる人が多いのはその強すぎる刺激によるものなのです。このような場合、人間の体では刺激から守るために体内の栄養を胃に集中させる働きが起き、本来頭皮まで行き届くべき栄養素をストップさせてしてしまうため、その結果髪の成長を妨げてしまうのです。

そして一般的に辛い食べ物と言うとカレーやチゲ鍋などが思い浮かぶと思いますが、このようなメニューは大抵脂肪分や塩分量が高いものが多いため、これも食べすぎることによって頭皮の脂肪分泌を高めるきっかけとなります。
辛い食べ物は、食べているうちに舌の感覚が麻痺してますます辛いものを欲するようになり、必要以上に体内を刺激してしまうことにもつながります。適度な量を守ることで、美味しく効果的に日々の食生活に取り入れるようにしましょう。

コーヒー

コーヒーを毎日の日課として飲んでいる方も多いのではないでしょうか。最近はコンビニでも気軽に美味しいコーヒーを買えたり、すぐに立ち寄れるカフェも増えているため自然とコーヒーを飲む機会が増えている人もいることと思います。

コーヒーは、その豊かな香りからリラックス効果を生み出し、血液の循環を良くするという効果があるとも言われる一方で、逆に取りすぎには注意しなければなりません。コーヒーに含まれるカフェインは刺激物でもあり、大量に取りすぎることによって死に至るという研究結果があるというのを聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。もちろん、普段の生活でコーヒーを飲みすぎたところで致死量に達するまでのカフェイン量になることはまずありませんが、身体にダメージを与えるリスクが高まるのは言うまでもありません。

特に、夜寝る前のコーヒーは睡眠の妨げになるため要注意です。本来体は睡眠を欲しているのに、「あともうひと頑張り!」とカフェインをとってしまうことによって身体のバランスが崩れ、髪の成長を止めてしまうことにもなりかねません。目安としては1日に1〜2杯までに抑えて、適度に楽しのがおすすめです。

アルコール

アルコールもコーヒーと同様に、適度に飲むには身体にとって良いと言うことはご存知の方が多いのではないでしょうか。「酒は百草の長」と昔から言われているように、アルコールには血管を拡張させる効果があり体内に取り入れることで血液の循環が良くなります。これによって頭皮にある毛細血管の働きを活発にするため、頭皮を元気にしてくれる効果があります。

逆に、飲みすぎるのは厳禁です。アルコールを取りすぎることによって血圧が上がり、それとともに心拍数が上昇することで交感神経が刺激され、バランスが崩れてしまうと自律神経が乱れ、髪を成長させるための働きが鈍ってしまいます。また、少量のアルコールは質の良い眠りをもたらすと言われていますが、飲みすぎることによって逆に眠つけない、眠れていたとしても浅い眠りが続き、疲労がたまります。身体の疲労は髪の毛の成長にとって大敵です。

その他にも、お酒を飲むといつも以上に空腹を感じやすくなって食べ過ぎにつながったり、おつまみとして脂っこいものや塩分が多いものなどを合わせてしまうのも良くありません。お酒自体も糖分を多く含んでいるため、カロリー過多にもなりやすい上、糖分によって体を冷やしてしまいます。体の冷えも血液循環の働きを弱めるため頭皮への栄養が届きづらくなります。

まとめ

今回ご紹介した食材は、絶対食べてはならないというわけではなく適度に取り入れることで体に良い影響を与えるものも多くあります。ただし度をこえて摂取すると逆効果となってしまい、髪の毛の成長を妨げる可能性もあります。食べたいものを我慢するのもストレスの元ではありますが、バランス良く腹八分目を心がけるのが1番です。それぞれの食材が持つ特徴を正しく理解し、髪に良い影響を与えられるよう食生活の見直しをしていきましょう。