抜け毛・薄毛の悩みならどこに行けばよい?

髪の毛の悩みというのはあまり人に知られたくありませんし、できれば早く効果をだして悩みを解消したいと思いますよね。ですから薄毛はやはり専門的な治療をしてくれるところで、効果的に治療をしていきたいですよね。薄毛や抜け毛の治療は、発毛サロン、病院、AGAクリニックのいずれかで行うことがほとんどです。ではそれぞれどのような治療をするのでしょうか?どこに行くのがよいのかのヒントになるような情報をお伝えしていきます。

発毛サロンに行く

発毛サロンとは薄毛のケアを行ってくれるサロンで、病院とは違い医療機関ではありません。つまり医療行為が出来ませんので薬を処方したり、薬を頭皮に直接注入するメソセラピーのような施術は受けることが出来ません。ですが、発毛サロンでは薄毛や抜け毛の対策として有効な頭皮のケアをシャンプーやクレンジングなどによってきちんとしてくれますし、自分でできるケアの方法などを伝授してもらうことも可能です。

中には医師が常駐していて薬を処方してくれるようなところもあるようですが、基本的には薬などを使用するのではなく頭皮の環境をよくすることによって、発毛や育毛を促進させようとするケアを行ってくれるところです。医療の分野に近い治療を望んでいる方にはあまり向いていませんが、少し気になっていてひとまずケアすることから始めたい、プロによる正しいケアを受けたいという方には非常におすすめです。

病院に行く

病院は、その名の通り病気を治療する場所です。医師による医療行為や薬の処方を受けることが出来ます。AGAの専門クリニックにいくのと何が違うのかというと、病院では病気が原因で引き起こされている抜け毛や薄毛の治療を行うという点です。

頭皮に炎症が起こってしまっていたり、甲状腺の異常などでホルモンバランスが崩れてしまったりすることなど何かしら身体に病的な原因があることが原因となっている場合には病院での治療が可能です。

受診する科で悩んでしまうかもしれませんが、頭皮の異変なら皮膚科、甲状腺の異常なら内科、ホルモンバランスなら婦人科など自分の症状にあった科を受診しましょう。どこかよくわからない場合にはひとまず皮膚科を受診して、適切な科を紹介してもらうのも良いです。

注意しなければいけないのは、病院の医師は薄毛治療の専門家ではないということです。病気が原因ではないと思われる場合にはあまり向いていません。

AGAクリニックに行く

AGAクリニックとは抜け毛や育毛、発毛を専門的に治療しているクリニックです。専門的に行っているのでもちろん効果も高く、受けることが出来る治療の種類も非常に多いです。

また、治療の経験も病院などと比較して圧倒的に多いので様々な症例に対応してもらうことができます。病院では薬を使用した治療が主になりますが実際にはAGAの治療というのはそれだけで改善しない場合が多いです。治療方法も、植毛やメソセラピーなど様々な方法があり、AGAクリニックではそれらの様々な治療方法を患者さんごとに組み合わせてより効果が高くでる方法で治療を行ってくれます。

育毛剤などを試しても効果のなかった人や、より専門的な治療を受けたいという方にはおすすめです。

まとめ

抜け毛や薄毛を治療してくれる施設は大きく分けて発毛サロン、病院、AGAクリニックの3つがあります。3つとも髪の毛の悩みに対しての治療をしてくれるという点は共通していますが、それぞれに治療方針や受けることが出来る治療の内容が違います。それぞれの特徴や、受けることが出来る治療内容、自分に必要な治療はどのようなものなのかということをきちんと把握して、受診するところを決める必要があります。