AGA治療薬を使わずに発毛する方法とは?

薄毛にお悩みの方に人気の高いAGA治療は、近年新しい投薬なども開発されて、その種類もさらに増えています。でも、こうしたものを使わないでも、発毛を実感できる方法はないのでしょうか。薄毛でお悩みの方としては、こうした疑問をお持ちの方も多いことでしょう。結論から言えば体質にもよりますが、改善する方法はあるのです。ではそれはどんな方法なのかについて、ここでは詳しく紹介します。

体内環境を整える

まず、そもそもどうして薄毛になるのかというところから考えることにしましょう。薄毛は遺伝と言われることが多いですが、直接的な影響ではありません。あくまでもAGAは体内の状態が一番直接的に影響する問題なのです。それは発毛に際しての、ホルモンバランスやケアといったことに尽きます。

AGAの一番の影響は男性ホルモンの過剰分泌によって、本来生え変わるべき毛根に栄養が送られなくなり、新しい毛を作れず、ついには毛根自体も使われなくなってしまい、髪が生えてこなくなるのです。その防止として投薬を与えたり、発毛を促したりと対策を施す必要が出てきます。

しかし薬を使わないでもまずホルモンバランスを整えること、体内環境を整えることでホルモンバランスの乱れを整えることができます。なによりも規則正しい生活を心掛け、暴飲暴食や喫煙、ストレスの排除は欠かせません。正しく栄養を取り入れることで身体はホルモンバランスを自分で整えることができるのです。

頭皮のケアを怠らない

こうして内側からホルモンバランスを整えるということが、AGA治療薬を使わないで発毛を促すには良い方法となります。でも発毛は内側からだけでは足りません。毛が生えるためには毛の育つ土壌が整っていないといけません。つまり頭皮のケアが欠かせないということです。

例えばシャンプーをする際に、シャンプーを使わないでまずお湯でしっかりと汚れを洗い流すことが大切です。更に、今お使いのシャンプーは自分の頭皮と相性が良いものでしょうか?湿疹やかゆみが起きているなら使用をやめた方がいいでしょう。

またシャンプーした後にしっかりとすすいでいるでしょうか?すすぎ過ぎということはありませんが、シャンプー剤が残っているというのは大変問題です。また洗いすぎも良くありません。AGA治療薬を使わずにケアするなら、適度に清潔に、これが大切になってくるのです。

育毛グッズを使う

体内環境を整えて、頭皮のケアをするというこの2つでもかなり頭皮やホルモンバランスには良い効果を発揮します。しかしAGA治療薬を使わないで発毛を促したいのなら、これだけで満足してはいけません。投薬を使わない治療法としてはあくまでも当たり前の頭皮の環境整備なのです。

発毛させるための健康な土壌づくりをしただけに過ぎないのです。ここから次に育毛という工程が必要になります。AGA対策だけでなく近年では育毛グッズにも様々な種類の物があります。例えば育毛シャンプーやトニックといった頭皮環境への促進や、頭皮マッサージを行う育毛グッズもあります。

毛根は毛を生やすための土壌があるだけでなく、毛根に生えていいんだと刺激をかけたり促したりしてあげることで育毛能力を発揮してくれます。そこに効果を発揮させる育毛グッズを使用することで、さらに力強い毛を生まれさせることができるのです。

まとめ

AGAの治療のためには、薬を使う場合と使わない場合とに関わらず、発毛のため体内環境を整えることは必要事項です。例え投薬治療をしていても、暴飲暴食や過度なストレス、喫煙や飲酒といった生活を続けていては効果は発揮されないのです。

投薬を使わない方法よりもAGA治療に入る前に、まず自らの生活を顧みること、自分の生活の問題点を改善し、健康で清潔な日々を送るよう努めること。これこそ発毛に一番大切なことなのではないでしょうか。