発毛治療は保険が効かない

AGA治療は保険適用外です。発毛を促進することは厚生労働省が定めた医療に該当しないというのがその端的な理由です。しかし実はAGA治療は長期的に継続しなければ発毛効果を実感できないものなのです。保険がきかないとなると、長期的に継続すればどうしても費用が高額になってしまいます。実際どの位の金額がかかるものなのか、そして費用をかけずに継続する方法はないものなのか、こうした疑問について解説していきましょう。

発毛サロンにかかる費用

例えばこれから発毛サロンに行ってAGA治療を受けようとした場合、まずどの位の費用が必要になるのか。これについては、その方法や個人の体質によっても異なり、施術内容によって費用は変わります。

一般的な治療を受けている人の場合、おおむね1ヶ月に2万円から4万円程度の費用が相場です。サロンによっては、これ以外にさらにカウンセリングや診察にも5千円程度の費用がかかる場合があります。この費用は全て保険適用外ですから、実費で支払わなければなりません。これ以外にサロンまでの交通費や、治療以外のケア製品なども含めれば1ヶ月に4万円以上にもなってしまうこともあります。

発毛を促すための環境作りは長期的施術が必要です。これらを保険以外で賄うというのは、経済的負担が大きくなってしまうことを認識しておかなければならないということでもあります。

発毛治療は保険効かない!

そもそもAGAはなぜ保険が効かないのかという疑問を感じられる方もいるでしょう。発毛を促すには長期的な施術が必要になるのに、そのすべてを実費で払うには無理があると感じられる方もいるかもしれません。この発毛治療は男性ホルモンの影響によって起こる症状であり、そのホルモンの促進を抑えるために飲み薬や塗り薬を継続的に投与することで症状を抑えます。

そしてこの施術や投薬される薬が、厚生労働省が定めた医療に該当しないということが保険適用外である理由なのです。といってもこの治療が今後、進化を遂げ医療行為に該当することとなれば、保険が適用される可能性も出てきます。ただしそれはあくまでも仮定の話であり、現段階では自己費用で受けるしかありません。そのためサロンやクリニックを選ぶ際には、費用面の検討も必須項目なのです。

自由治療とは

ちなみにこうした保険適用外の治療のことを自由治療といいます。診療を受け、費用がかかるのにはシステムがあり、例えば怪我をしたり、病気をしてクリニックに行き処方箋を受けたりという場合、この時の処置や投薬が保険適用の範疇であるかというところが大切になります。

通常のクリニックでは、医療費控除の対象となる処置や投薬を出すことで、患者が保険の範囲内でその診療を受けることができるのです。でもこうした決まり以外の診療は、定められた決まりがありませんから、ある意味なにをしても自由ということで保険適用外の診療を自由治療と総称されています。

自由といっても、そこにかかる費用はすべて患者さん自身が自分で準備しなければならないわけです。自分の好みの診療を受けられる利点がある反面、経済的な負担は相当大きくなってしまうというマイナスポイントもあるというわけです。

まとめ

自分が望む結果を得るため、自由に診療を受けるということになれば、それには対価が必要になってしまいます。薄毛治療であるAGAを、ただで行うということであるならば生活習慣の改善など、サロンやクリニックに頼らない改善の道を選択するしかありません。しかしそれで得られる効果は可能性としても低いものです。発毛のためには保険適用外の高額な費用がかかることも検討しておく必要があることを忘れてはなりません。